本棚保管用に使いたい書類ケース


土曜日はもーりーさんが髪の毛を切りに駅前に出るというので一緒に出掛け、その間、私は書店で本や文房具を見ておりました。この日の目的は、先日受講した面接授業のプリントとノートを一式まとめて収納するための、書類ケースを探すことです。書類ケースは(最終的には)本棚に立てて使うつもり。

有隣堂さんに行きましたら、LIHIT LAB. の製品にちょうどよいものを見つけました。製品名はコングレスケース。厚みは底の部分は 1.5cm ですが、入口側は 2cm になっているので、ホッチキス止めになっているプリントを数部入れるのに便利です。大きさもだいぶゆったりしていて、A4 プリントをクリアフォルダごと入れられます。8 部あるプリントをそれぞれクリアフォルダにおさめ、それをこのケースに入れています。

色も何色かあったので、今回はノートと同じ色のケースを買いました。今後、追加購入するときも、受講科目などで色分けしてもいいかもしれません。ラベルを付けられるようにもなっています。

お値段はひとつ 500 円程度。百均の書類ケースも A4L ならクリアフォルダも入りますが、いっぺんに大量に買うものでもないので、素直にデザインの好みの方を重視して LIHIT LAB. のコングレスケースを買ってみました。 最初にも書きましたが書棚への保管用として使うつもりで、持ち歩きに使うわけではありませんから、強度も十分かと思います。

ノートの余りページに追加する「さくいん」も完成しました。ご興味ある方は「続きを読む」よりご覧ください。




面接授業のノートに「さくいん」を作ってつけました。(受講したのは『科学の見方、考え方』という授業です。)

Excel Mobile でセルを3列使って、キーワード、ふりがな、ページ数と入力し、最後にふりがなで昇順に並べ替えをしました。それからふりがなの列を非表示にし、キーワードとページ数の列のみを Word Mobile に貼り付けてから、A4 用紙に印刷しました。結局 A4 で 17 枚にもなっちゃった。入力はいっぺんにやると疲れますから、1 週間くらいかけて、毎日少しずつのんびりやりましたよ~。仕事じゃありませんからマイペースで。

んで、それをチョキチョキとはさみで切って、ノートの余りページに収まるようにノリで貼り付け~。なぜか仕上げはアナログな工作になってしまいました。仕事じゃありませんからマイウェイで(笑)。


そして、完成したものがこちら。

罫線付きの大きめの付箋もダイソーさんで買ってきたので、今度はこのさくいんのキーワードの中から少しずつお勉強していき、情報を追加しようと思ってます。面接授業の時は進みが早いのでとにかくメモするだけしたっていうのもありますから、そういうのをもう一度ちゃんと調べてみようと思います。



コメント

人気の投稿