入学者の集いに行ってきました


書こうか書くまいか迷ったのですけど、自分自身も日頃ネットでよその方の日記を参考にさせていただいているので、カテゴリを用意して体験したことなどを覚書的に書き綴ることにします。興味のある方は、『続きを読む』からどうぞご覧下さい。




昨年の12月のエントリー(これ → http://dolcevita-sana.blogspot.jp/2015/12/blog-post_16.html )を覚えていらっしゃる方がおられるかは分かりませんが、何の気なしに見た『ヨーロッパの歴史II』という放送大学の授業があまりにも面白く、そこから興味が膨らみ、この春から学生としてお世話になることにしました。

学校のホームページからまずは資料を取り寄せて、時期になったら募集要綱を送ってもらえるように手配しました。春と秋に募集があるようですが、私は冬に問い合わせをしたので、春の入学のタイミング。願書を出したのが年末だったので、費用の振込みは年が明けてからになりました。

実際に掛かった費用としましては、まずは入学金24000円(学生の種類によって異なる)と、放送授業2教科(4単位)分の22000円で、計46000円を1月に。また、2月の半ばに面接授業(スクーリング)の申し込みがあり、抽選で希望していた2教科(2単位)が当たったので、その分の11000円を3月に支払いました。

登録科目は以下の通りです。
  • (放)自然科学はじめの一歩
  • (放)ヨーロッパの歴史II 植物からみるヨーロッパの歴史
  • (面) 自然科学系
  • (面) 数学系

(放)は放送授業で、これは地デジやBSで誰でも(入学しなくても)同じものが見られます。私も願書を出す前にいろいろ見て、登録科目を決めました。ラジオで聞く授業もあるのですが、今回はテレビのだけにしました。教科書も本屋で売っています。(よく行くブックファースト新宿店にもありましたし、友人曰く神田の三省堂本店にもあるそうです。)

(面)は面接授業で、これは全国どこのでも抽選に当たれば参加できるそうです。こちらは、初学者向け(?)のと「おさらい」系を選んでいますが、科目名は受講後にまたあらためて。

また、資料請求をしましたら、入学前にもいろいろな公開講座の案内をメールでいただけるようになり、それにも4回ほど参加しました。願書を出す前に1回とその後に3回参加しましたが、学習センターや授業の雰囲気が分かり、とてもよかったです。こちらはいずれも無料でした。(カテゴリ:公開講座受講記でお読みいただけます。)


そして先日は、入学者の集いというものにも参加してきました。ちょうど桜も咲いて、入学という気分も盛り上がる素敵な日♪

開会時間よりも少し早めに学習センターに行き、まずは学生証をいただきました。また、「学生教育研究災害傷害保険」の加入手続きも済ませました。この保険の加入が受講条件になっていた面接授業を登録したので、忘れないように初日に。保険は480円でした。(内、340円は毎年ごとに支払うオプション。)それから、会場の入り口では放送大学叢書が20%オフで売られていたので、ちょうど市立図書館で借りて読んでいたものを1冊買うことにしました。ラッキー!

さて、入学者の集いは前半が式典で後半がオリエンテーションでした。それから終了後に学習センターの施設案内をしていただきました。講義室や実験室をまわりながら、ゼミやサークルで活動している人たちの様子も見られました。

また、すごく面白いな~と思ったのは、入学者といってもリピーターさんも多いのだそうな。リピーターというのは、一度卒業した後に別のコースでもう一回入学するという人なんだとか。前半と後半のあいまに、「リピーターさんでオリエンテーションの不要な方は、ここまででお帰りいただいてけっこうです」なんて感じのことがアナウンスされていました(笑)。すでに知り尽くしておられますものね。

そういえば、各県の学習センターを紹介した番組でも、毎日お弁当を持って通っています~という方が、全コース卒業した人として紹介されていたような。私自身は家から学習センターが近いわけではないので、それほど頻繁には通えないだろうな~とは思いますけども、もし近くに住んでいたら、通信制大学とはいっても学校に通う感覚で学べるのかもしれませんね。

入学者の集いに参加しましたら、ワクワクした気持ちがいっそう強くなりました。


コメント

人気の投稿