お弁当を持って、学習センターへ(2)

学習センターに行くときは、お弁当を持参

5月22日(日)は、ふたたび放送大学の文京学習センターに出かけてきました。午後に同期入学のクラス会というのがあったので、それに参加してみようということで・・・。

午後の用事ひとつのためだけに行くのはもったいないので、午前中の早めに家を出て、文京学習センター内にある大塚図書館をのぞいてみました。本部から取り寄せてお借りしていた本の返却も済ませました。

大塚図書館は筑波大の大学院の図書館です。そこに放送大学の蔵書の棚も一緒にあります。利用券は4月に作ってもらっておいたのですが、中に入るのは初めてでしたので、どんな本があるかをじっくり見ました。何冊か興味のあるものがあったので、そのうち2冊を借りてきましたよ~。図書室に入ると「無音」が心地いいです。

クラス会の様子や、借りてきた本のお話は「続きを読む」からどうぞ。


『モダンランドスケープアーキテクチュア』には少しですが、
『ヨーロッパの歴史II ('15)』で取り上げられているガーデナー
ガートルード・ジェキルの色彩に関する記述があります

借りた本はこんな感じ。そうそう、写真の本とは関係ありませんが、図書館の棚に清水ハカセ&サイバラ嬢の本を見つけた時には、シーンとした中で思わず吹き出しそうになりました(笑)。帰宅後もちろん、もーりーさんに報告しましたよ~。

他にも気になる本が何冊かあったので、試験が終わったら借りてみたいです。

午後1時、クラス会の受付時間になって会場へ行ってみると、所属コースごとにテーブルが用意されていました。同じ学習センターに同期入学した人の全部が参加するわけではないので、人数はすごく多いというわけではありませんでしたが、1日で14~15人の方とお話しできました。(自然と環境コースと情報コースの合同テーブルでした。)

クラス会支援委員会の先輩方や、同期入学でもすでに何度もいろんなコースを卒業されて、さらに今も学んでいる・・・という方も何人もいらっしゃいました。そういう方々から、放送大学ならではの学び方のコツをたくさん聞かせていただけましたし、これから履修したいと思っていた科目についても教えていただけたので、参加してとてもよかったです。

お話を聞かせてくださいました皆様、どうもありがとうございました (^^)



コメント

人気の投稿