わが家の庭から(112) スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾン


5月に一度咲いて、6月にもう一度咲いたバラ、スヴニール・ドゥ・ラ・マルメゾンです。

雨に濡れると花びらが傷んでしまいやすいようなので、梅雨入りしたその日に咲いている花の枝を切って、部屋の中で楽しむことにしました。まだ若いバラの木なので、咲いていたのは一枝に3輪だけですが。

2輪は、同時に刈り取った赤系のバラ、ソフィーズ・パーペチュアルと合わせて玄関に活けました。そして長さの短めだったものを1輪だけ、バジルを活けていたベースに一緒に活けて、キッチンカウンターに置きました。

たった1輪でも、その場をパーッと明るく華やかにしてくれます。鼻を近づけると、ほのかに甘く香ります。



コメント

Ziggy さんのコメント…
Sanaeさん、こんにちは!
相変わらず、お庭には綺麗なお花たち、そして美味しい食べ物、お勉強、趣味と、充実した時間を過ごしてらっしゃるようですね。
でも お花って、少しでも家の中のいつも見えるところに飾っておくと、なんだか気分が落ち着きますよね〜。 それがお庭で育てているお花とかささっと切って飾れるなんて、もうかっこいいです〜!!憧れます。
私も特にキッチン・居間にはいつも飾っていたい派なので、とにかく長持ちする胡蝶蘭を常に飾っておくようにしています。切り花のお値段よりはちょっとばかり高めですが、なんせ3、4か月は余裕で持つので、逆に安上がりかもしれません。
先日、お友達の家で、芍薬のお花を飾ってあったのですが、午前中はとても華やかで綺麗に咲いていたのですが、(私のブログの卒業式記事の1番目の写真です)とてもいい香りを漂わせていたのにもかかわらず、午後にはぐったりとしぼんでしまってびっくりでした。やっぱり芍薬は切り花よりもそのまま枝に咲いている方がずっと長持ちするのかな?
Sanae さんの投稿…
★Ziggyさん、おはようございます~
わ~、いっぱい書いてくれて嬉しいです(^0^)ありがとうございます!
切り花は、実際はけっこうスーパーマーケットのお花売り場で、ちょこちょこお安めのを買ってくることが多いです。前回は買い忘れた~と思っていたらバラが咲いていたのでラッキーでした(笑)。

Ziggyさんのところにもピンクと白のシャクヤクいっぱい飾ってありましたね♪ 香りを想像します。持ちが悪かったというのは残念!水あげしにくいんでしょうかね?でも、切り花って、当たりはずれもありますよね~。以前は道の駅っぽいところで買ってくる花は持ちがいいな~と思っていたのですが、今は近くにそういうところがないので、もっぱらスーパーマーケットの花売り場のです。

胡蝶蘭って、高い&難しいってイメージを持っていましたが、Ziggyさんのお話を聞くと長い目でみたら経済的なのかも?と思えてきました。ただいま部屋の中には鉢植えのお花ものはひとつもないので、胡蝶蘭、1回くらい試してみようかな~。

人気の投稿