ホットケーキ、ぐりとぐら風


甘いものが食べたくなったので、余っていたホットケーキミックスを使って、どかんと一枚大きなホットケーキを焼きました。ぐりとぐらの絵本に出てくるホットケーキのイメージで。厚さ3cmくらいに焼き上がりました。フワフワ!

キッチンペーパーを使ってフライパンの縁まで念入りに油を馴染ませ、すべての生地を流し込んでから、フタをしてじっくりと焼きましたよ~♪


ホットケーキが焼けるのを待つ間は、コーヒー豆をガリガリと挽いて…と。この日に飲んだのは、ブラジルのブルボン・ピーベリーという小さい豆を天日乾燥させたというコーヒーです。それのハイローストを。


おっきなマグにコーヒーもタップリ!分厚いホットケーキと美味しいコーヒーで、大満足のおやつタイムでした。

え?ホットケーキをひとりで全部食べたのかって?いや~、まさか~!

四等分して、食べきれない分は冷ましてからラップで包んで冷凍しました。こうしておけば、いつでも食べたくなった時に楽しめます(o^^o)



コメント

Ziggy さんのコメント…
お い し そ う 〜〜〜〜!!
淹れたてのコーヒーと、ぐりとぐら風のホットケーキ、この上ない組み合わせですね。
私、実は ぐりとぐらって題名だけは聞いたことがあるのですが、実際にストーリーは知らないんです、恥ずかしながら。
私が子供の頃読んで、パンケーキと聞いて思い出すのは やっぱり”ちびくろさんぼ”かな。(歳がばれますよね、笑)
でも とらが ぐるぐるまわって バターになり、おばあちゃんがをれをホットケーキにする、という結末はとても印象深かったな。
あと、パンケーキとは関係ないけど、”モチモチの木”という絵本、イラスト(多分版画絵)がなんだか衝撃的で好きでした。
Sanae さんの投稿…
★Ziggyさん、おはようございます~
『ぐりとぐら』の絵本に出てくるホットケーキ、確認してみたらあれは本当はカステラなんだそうです(笑)。でも、子供のころからホットケーキと思ってみてました。それで、作者の方は、まさに『ちびくろさんぼ』が子供たちに人気があることから、思いついたアイデアなのだそうですよ!(Wiki参照)『ちびくろさんぼ』は一時、出版されなくなったりしましたが、私も子供のころ楽しみました。『モチモチの木』という絵本は知りませんでした。渋い絵本ですね!切り絵のようにも見えます。

『ぐりとぐら』シリーズは"Guri and Gura"として英語版も出ているようです。機会がありましたら、ぜひお孫ちゃんたちと見てみてください。アマゾンで少し中も見られるようです。カステラのお話は1作目です。

http://www.amazon.com/Rieko-Nakagawa/e/B001I7FZAY/ref=dp_byline_cont_book_1

人気の投稿