単位認定試験受験記(1)- 2:『自然科学はじめの一歩 ('15)』

もーりーさんの買ってきてくれたランチパックで朝ごはん
飲み物はグレープフルーツジュースです

わ~い!最初の学期の単位認定試験が全部終わりました~!試験期間はまだありますが、私はたったの2教科しか履修していないので、今日でもうおしまい。解放感満点 ♪

午前中10時25分からの試験で、10分まえには試験会場に入るようにとのことでしたので、9時には学習センターの最寄り駅につくように出かけました。いつも混んでいるサンマルクカフェも朝はまだ空いてまして、1時間ばかり勉強できたのも良かったです。

本日1枚目の写真は、昨夜もーりーさんが「明日の朝早いんやろ?朝飯用に買ってきたよ」と用意してくれたランチパックです。もーりーさん、どうもありがとう!

さてさて、で、テストはどうだったのかと申しますと。う~ん、どうかな?解答書き直して間違えたかも~というのもあったりするのですが(見直しが甘かった地球科学のところ…orz)。 マークシート式でしたが、問題用紙も回収されてしまうので、帰宅後にしっかり見直すってことができないのですよね。他が大丈夫だといいのですが。

前回の『ヨーロッパの歴史II』の時は一室に他の教科の受験者さんもいらして、全部で3教科合同だったのですが、今回の『自然科学はじめの一歩』は、なんと3つも講義室を使うほどの受験者がいたようです。導入科目だから履修している人が多かったのかな?科目によってずいぶん違うのだなと驚きました。


【後日追記】

おかげさまで、めでたくA〇判定で単位を取得できました ♪ 宇宙・地球、生物、化学、物理、数学、科学史といっぺんに全部まなぶのは、学業から遠ざかって久しい身にはなかなかハードでしたが、構成の楽しさで乗り切れました。先生方、楽しい授業をどうもありがとうございました。篠原ともえちゃんも (^^) ♪ (彼女の発する素朴な疑問が、けっこう各教科のポイントだったりするので、放送授業をしっかり見た方がいいですよ~。)

教科書だけではなく、いろいろな科学分野の本を併読するうちに、教科書で取り上げられている話題に重なる部分を自然に何度も読む結果となり、それでおのずと教科書の内容が自分の中に納まっていった…というような教科でした。それだけ、何にでもつながる「基本の基」が詰まった教科なのだな~と実感しています。とても楽しかったです。

コメント

人気の投稿