ドサッと届いた郵便:科目案内いろいろ


金曜日にポストをのぞくのを忘れたので、土曜日の朝(つまりついさっき)もーりーさんに朝食用のパンを買いに行ってもらうついでに郵便をチェックしてもらったら、「なんかデカイ封筒が届いてるよ。ほら、放送大学から」と言って、ずっしり重たいものを手渡されました。なんじゃ、こりゃ?

開けてみると冊子が数冊入っていました。来学期の科目案内のようです。面接授業の案内はすでにウェブでチェックして申請科目も決めているのですが、それが冊子になって届くとは知りませんでした。

一番分厚いもの(薄緑の表紙の)は、南関東の学習センターの面接授業のシラバスが全部いっぺんに見られるようになっています。すごいボリューム!面接授業の冊子は薄っぺらいの(白い表紙の)も入ってまして、それは何だろうと思いましたら、科目名だけ収録された全国版でした。落差にふたたびびっくり。タイトルだけにしちゃうとこんなに薄くなっちゃうんだ(笑)。

それにしても、分厚い方の冊子の表紙、なんだか小学校とかの学級文集の表紙みたいでかわいいですね(笑)。こういう素朴さ、好き。

オレンジ色のは放送科目の一覧で、薄紫のは郵送用の申請用紙。申請はウェブでもできますから、たぶん薄紫のは私は使わないかも。(郵便の方は切手代がかかるし~。)

ONAIRと書かれているのは大学通信。年2回発行だそうです。今年度の新規開設科目の案内などが出ておりました。




こちらの Walking with Writers という科目を、次の学期に履修しようかな~と思っています。現在も放送授業を録画していて、毎回勝手に見ております。手元に教科書はないのだけれど。

入学する前もこの二人の先生方の『発音をめぐる冒険』という授業を毎回勝手に見てまして、入学したら受講したいと思っていたのですが、残念ながら閉講してしまっていてガックリ~。しかも前号のONAIRには井口先生が放送大学ご退任の記事があって、さらにガックリ~。(慶應の先生になってしまわれました。ならば慶應の通信に入れば・・・って、違うか・笑)

と、二重にガックリしておりましたところの新規科目開設!しかも相当にグレードアップした内容!放送授業では英語と日本語を併用されておりますが、現在履修中の方にお話を伺いましたら、教科書は予想通り全編英文なのだそうです。やっぱりね~。しかし、履修者さん曰く、「放送授業で扱われている内容と同じものが半分くらいです」とのこと。

自分にとってはちと背伸びかな~?というのが本音ですが、しかし、この科目は扱われている内容が私にとってはストライクゾーンなので、ぜひぜひ履修したいのです。だって、ポター(ピーターラビット)やらキャロル(不思議の国アリス)やらが出てくるのですもの♪ そうときちゃ、やらぬわけにはまいりません。

先生方も、everybody welcome とおっしゃっていたし。がんばってみようではないかと思っているのでございます。

ちなみに卒業要件の外国語科目って、必須の単位はたったの2単位なんです。だからこれを取ってしまえばあとはやらなくてもいいという計算。もっとも私の場合、外国語は自分の興味の大きな部分ですので、フリーの単位を外国語で占めようかとも考えていたりするのですが(笑)。ま、まだどうするかは未定ですけども。面白そうなのがあれば、ですから。

私にとっては、放送大学は取りたい科目がたくさんあって、履修の順番に迷います。決められていないから、自分の自由にできるのです。私としましては 1学期 2~3科目で行こうと思っているので、希望科目の閉講予定(4~5年らしい?)などもにらみつつ、学期内の組み合わせも無理のないように考えたいと思ってます。

面接授業も 1学期に1~2回のペースで。こちらもこのくらいだと交通費が楽かな~と(笑)。ま、面接授業の場合は、希望しても抽選で当たらねば受けられないのですけどね。希望のものが受かりますように~♪



コメント

人気の投稿