トワル・ド・ジュイでカルトナージュ:資料用ファイルを作る


トワル・ド・ジュイ展を見に行った時に、裏面がシール仕様になっているカットクロスをミュージアムショップで買いました。翌朝それを使ってさっそくカルトナージュ製作です♪


出来上がりはこちら。

展覧会の帰りに新宿へ出て、世界堂さんの1階で5.8cm厚のB5ファイルを買ってきました。素材はごく簡単なボール紙でできており、ファイル部分もプラスチックという簡易タイプ。たしかKING JIMのだったと思います。お値段は450円くらいでした。会員になっているので定価の20%オフで買えますから、実際はもっとお安いです。(さらに次回以降に使える割引券ももらえます。)

B5サイズの厚手のファイルはなかなか見つからなかったのですが、さすが新宿の世界堂さんには何種類かありました。そのまま使えるしっかりとした表紙のものもありましたが、私は今回は布を貼る素材となるものを探していたので、いいのがあって良かったです。

というわけで、これに布を貼ってしまいます。

いつもでしたら糊を本体に塗って布を貼るのですが、今回は糊付きのカットクロスを使ったので、サイズに切ってシールのように貼るだけです。布は伸びるので、伸ばし過ぎないよう、また気泡がはいらないように注意しながら貼ります。


3冊に分かれていた欧州史IIのノートが1冊にまとまりました。トワル・ド・ジュイのファイルにしたので、どの内容の科目だったかすぐに分かります。うふふ♪ こりゃ、 ご機嫌♪

ただし、リングファイルではないので、途中のページに書類を追加したい場合にはちと面倒。最終的に綴じるためのファイルですね。保管用。中身を移動させるのがちょっと早すぎました。試験まであと数日、もう少し追加資料は増えるはずなので…。


ちなみに裏も同じ生地を貼りました。ファイル部分は四角い窓をあけて避けて貼りました。表紙の前後にリボンをつけて結べるようにすると尚いいかも。試験が終わったら何か似合いそうなリボンを調達してこようと思います。

今後もリサーチ系の科目の資料には、この手のファイルを最後に用意しようかな。


コメント

人気の投稿