e ラーニングの体験版

スクリーンショット:放送大学オンライン授業体験版『物理演習('16)』

放送大学のオンライン授業


本日も放送大学のお話です。まだ2016年度第2学期の履修科目が確定してもいないのに、その次のことを考えていたりする私です。第1学期はめでたく全部の単位が取れましたので、第2学期分は放送授業3つ、面接授業3つを申請しました。面接授業は当選待ち。未来日記派としましては、申請と同時にすべての面接授業予定を、スケジュール帳に書きこんでしまいました♪ ほほほ!(どうなることやら?!)

さてさて。ここからが本題です。(今日はちゃんと本題がありますよ。)

8月の初めに学習センターの視聴学習室でいろいろな教科の教科書を見た時に、『物理演習('16)』のオンライン授業をどのタイミングで受けると良いかが書かれていたのを読んだのです。『初歩からの物理('16)』と『物理の世界』の橋渡しをする位置づけの教科だと書かれていました。それで、内容がどんな具合なのか知りたいと思っていました。

ところが、オンライン授業の試視聴はどこからできるのか、なかなか見つけられなくて…。学生用ページからはどうも出来そうなところが見当たらなかったので、パブリックな方のウェブサイトのオンライン授業の案内ページを見てみましたら、そこから第1回目の体験版を見ることができると分かりました。つまり、学生でなくても誰でもお試しできちゃう!というわけなのでした。入学前に見られるのは、テレビ・ラジオ科目と同じでいいですね!(ここから → http://www.ouj.ac.jp/ 体験版の案内は、ページの下の方にあります。)

さっそく『物理演習(’16)』を見てみましたよ~。すっごく丁寧!受講の仕方から説明してくださっております。



スクリーンショット:放送大学オンライン授業『物理演習('16)』

教科によって授業の進め方は違うのだろうな~とは思うのですが、『物理演習('16)』の場合は、画面上のホワイトボードに担当の先生がポイントや例題などを板書してくださって、それを受講者もノートに書きとりなさいという進め方でした。(教科書はないので。)

本日の写真は2枚とも、その体験版のスクリーンコピーなのですが、こうして先生が実際にその場で書いていくのを見ながら、自分も同じようにノートを作っていくという具合のようです。これ、すごく良さそう!ノートのとり方って悩みどころでもあるけど、その練習にもなりそうです。

体験版でも講義→例題→演習問題→小テストまで進むことができました。小テストは体験版用のものだそうですが、その場で採点も出て、間違った部分の解答もすぐみられるようになっていました。

ちなみに、間違えたところは消して書き直すのではなく、赤などで書き加えて訂正するようにとのご注意もあり、自分で初回に解いた解答は貴重です、とのことでした。そうですよね~。間違えたところ(というか、どこを間違えたか)が大事なんですもんね、自分にとって。消して書き直しちゃったら、後からみたら分からなくなっちゃう。

体験版をやってみた感想としては、「これは、面白そう!」でしたよん♪ 来年度の履修候補に加えておこうと思います。リアルタイムで授業を受けてる感があってすごくよかったです。ノートが完成したときの嬉しさも味わえそうな気がします。

放送大学って、事前にテレビやラジオで授業内容を見られるのがすごく良いのですけれど、オンライン授業も事前に見られるといいな~と思っていたので、体験版を試せてよかったです。


コメント

人気の投稿