じゃがいものチーズ焼き(インカのめざめ、で)


せっかくタイトルに「インカのめざめ」でと書いてあるに、写真からは残念ながら「インカのめざめ」らしさはうかがえないかもしれません。何しろチーズでとじちゃってるので。

「インカのめざめ」を自分で買ってお料理して食べるのは、実はたったの2回目です。このじゃがいも、ほとんど普段のスーパーマーケットでのお買い物では目にすることがありません。今回も、広告の品(?)コーナーにほんの少し出ていたのをみつけて、一袋だけ買ったのです。いったん普通のじゃがいもを手に取っていたのですが、「あ!インカのめざめがある!こっち買おう!」ってすかさずチェンジ(笑)。お値段は普通のジャガイモより少々お高くなってしまうのですが。しかし、その味わいは忘れられない美味しさです。私これ、大好き。

さて、そのインカのめざめを使って作りましたのは、皮付きじゃがいもとひき肉をトマトソースで炒め合わせて、チーズをかけて焼いたお料理です。トマトソースはカゴメさんの「じゃがチーズ焼き」というものを使いました。(おかずシリーズ系の箱入り商品のひとつ。)

作り方は「じゃがチーズ焼き」のパッケージにあった通りにしました。チーズ焼きというとオーブンでも使うのかなと思いますけど、こちらはフライパンでできて簡単でした。調理後そのまま食卓へ出せるように、耐熱ガラスのフライパンを使ってみましたよ~。ふた付きだったからか、下からの火だけでも、案外チーズも簡単にとろけてご覧の通り。


食事風景はこんな感じ。ははは!ひとりご飯だったのがバレますね。ご飯というか、もはや晩酌です(笑)。ブナハーヴンのロックと合わせてみました~。あ~、いい香り。早めの時間帯にね、1杯ひっかけながら小腹を満たす的なコンセプトで(って、なんのこっちゃ・笑)。ま、なので、食べたのはフライパンの中身の半分くらいです。(残り半分は翌日、もーりーさんも一緒に食べました。)

この晩のもーりーさんは、会社のお仲間さんとの飲み会だったのです。来月から仲良しさんが二人も数年間フランスへ出向してしまうので、その送り出し会でした。こういう飲み会は気の合う人ばかりが大勢集まり、いつ帰ってくるのか分からない。(珍しく、終バスに間に合うように帰ってきましたが。エライ!)

というわけで、私も自分のペースで自由に(笑)。夕方の「軽く1杯」の後は、どか~んと開いた夜の時間を使いまして、第2学期の勉強をぼちぼち始めておりました。

ジャガイモ料理もお酒も幸せな美味しさでございましたよ~ん。大満足!


コメント

人気の投稿