わが家の庭から(115) 種から何度も育つマリーゴールド


本日はベランダで育てている(?)鉢植えのお花の話です。何年か前からマリーゴールドを育てて(?)おります。


こちらは9月の曇り空の中でも咲いていた、おそらくは今シーズン最後のマリーゴールドです。初夏から夏の盛りにも、もっと勢いのあるマリーゴールドが咲いていました。別の鉢の中で。実は、今この写真で見ていただいているマリーゴールドは、今年の前半に咲いていた花の種から育ったものです。


1番はじめはもちろん自分で買ってきた苗を植え付けたのですが、その後は、咲くも枯れるも花まかせ。鉢植えなのに、追加の土も入れなきゃ施肥もせず、水やりもしないというていたらく!雨とお天道様が育ててくれているようなもんです。

それで、花が終わって枯れるとこんな風に種ができるのです。この種も特にほぐしたりせず、こうやってなすがまま鉢植えの中に入れておきます。今年は「人為的」に、いつものとは違う鉢の中にもこの種の塊を置いてみました。(しかも、以前はベゴニアを育てていた、土も何もかもそのままに放置していた鉢に・笑)


すると、最初に苗を植え付けたのとは違う鉢のなかでさえ、ちゃんと芽を出すではありませんか~。いや、もう、びっくり!どこでもいいんかい?!と(笑)。さすが、風や虫や動物たちに種を運んでもらうっていう生き方をしてるだけのことはありますね。植物ってすごい!


というわけで、さっきから「育てている(?)」と(?)付で書いているのは、とても私が育てているだなんていえないよな~っていう気持ちからなのです(笑)。自由に育ってくれている、というのが正しい気分。

このままどこまで殖やせるんだろう?ってなことも思っていたりします。放置している鉢があと二つもベランダにある!そっちにも咲き終わった種の房を置いてみようかしらん?庭だけでせいいっぱいで、近くに水場のないベランダまで手が回らないというのが正直なところなので、放置していても自然の雨と太陽で育ってくれる現在のマリーゴールドはありがたいのです。

それにしても、もともと乾燥に強いのか?それともこの環境で咲くうちに獲得したものなのか??

とはいうものの、あまりにへにゃ~っとなっている姿を目にした時には、就寝時に飲み水として用意しているお水を気まぐれにやったりしている、どっちつかずの私です。


コメント

lce2 さんの投稿…
Annualの植物でもAnnuallyに同じ場所に咲いてくれると、とっても嬉しいですよね!
Sanae さんの投稿…
★lce2さん、こんにちは~
そうなんですよ!ズボラなので、ちゃんと種をとってあげて翌シーズンのために蒔くということが苦手ですから、植物が自らの都合(?)で好きなところ(しかし私の喜ぶような位置の範囲)に毎年咲いてくれるなんてすごく嬉しいです(笑)。

人気の投稿