面接授業受講記(3)-1:『Walking with Writers』井口篤先生&スチュウット・ヴァ―ナム・アトキン先生

サンマルクカフェにて

10月29日 (土)は、放送大学の文京学習センターにWalking with Writers の 面接授業を受けに行ってきました。



今回の面接授業は、実際に放送授業を担当しておられる 先生お二人の授業とあって、始まる前からワクワクしておりました!(慶應大学の井口篤准教授と、俳優さんでもあるスチュウット・ヴァーナム-アトキン客員教授のお二人です。)

全編英語の授業でしたので、10時から17時15分まで集中力が持つかな~と少々心配だったのですが、朗読など参加型の授業だったので、最初から最後まで楽しんで受講することができました。時間が来たときは「あ~、もう終わっちゃう~」と残念に なったほど。

グループワークも多く、まるで英語劇のような面白さでした。

ジェーン・エアのある一節をグループで朗読した時には、私たちのグループはみんななりきって朗読したので、アトキン先生に「 kind of comedy 」との評価をいただきまして、 やっている自分も涙が出るほど笑ってしまいました(笑)。

金曜日の夕飯

お弁当の写真を撮らなかったのですが、金曜日の晩にシチューをたくさん作って、それを保温ジャーに入れて持って行きましたよ~。

茗荷谷の駅の改札の隣にあるパン屋さんで、シンプルなパンを2つ買っておいて、それと一緒にお昼休みに食べました。

水筒には、授業のテーマに合わせて(?)熱々のミルクティーを入れて行きました。

今日(日曜日)も二日目の授業です!



コメント

人気の投稿