塩サバのフィレ(と、『現代数学入門』からの切り抜き)


11月10日(木)の晩ごはんは和食でした。もーりーさんの大好きな塩サバを焼きましたよ~。この塩サバ、いつも同じものを買っているのですけれども、骨が一本もないのです!いわゆるフィレっていうんですか?あれです。骨がないので、焼くとけっこう縮んでしまうのですけれども(笑)、食べやすいことは食べやすいですわね。私は皮まで食べちゃいますから、お皿はすっかり空になります。

他のおかずは、前日たくさん作りすぎたナスとタケノコのニンニク炒めと、レンコンとニンジンのきんぴら、豆腐とわかめの味噌汁、高菜と明太子でした。ちなみに、ただいま食べているお米は佐賀県のコシヒカリです。先月後半は富山県のお米でした。日本は、全国どこのお米も美味しいですね(^^)





木・金曜日の2日間は、先日見た『初歩からの数学('12)』第7回目のノートづくりをしておりました。「関係と関数」という章題で、中身は集合と写像です。(ノートづくりは写像まではまだ届かず。)

直積というのが教科書の説明だけではいまいちすっきりとイメージできなかったのですけども、本棚から読みかけの『現代数学入門』(遠山啓、ちくま学芸文庫、2012年)を引っ張り出してきて見てみましたら、86~87ページの「合成と分解」という節に直積と直積分解というのが出てました。C=A×Bと書いてあって、なるほどと納得。

それから、放送授業の第8回目「関数の性質」の始めに、「XやYが数の集合の場合は、写像のことを関数という」と説明がありまして、それもなるほど~と。あと、同じ回の終わりにはアシスタントの方が、「グラフを描くということは、関数のグラフの要素である順序対に対応する点を平面上にプロットするということです」と説明していて、これもなるほど~と思いました。

今週末は数学の面接授業を受講予定です。その1限目に集合も出てくるみたい。その後は、1日目は三角比と弧度法、三角関数と加法定理、2日目は複素数と複素数平面、代数方程式だそうです。『初歩からの数学('12)』と内容が被っている部分に関しては、金曜の晩に放送授業を見て予習をしました。一気に6,8,9,10回と4回分の放送授業を見ちゃった!(面接授業の先生は別の先生ですし、教科書の指定もないのですけども。)

というわけで、10月末の英語漬け2日間に引き続き、この土日は数学漬けで~す。大丈夫かな~?!



コメント

人気の投稿