2016年4月30日土曜日

ダイソーの罫線入り付箋とぺんてるのボールペン


例の「さくいん」をつけた面接授業のノートから、ただいま履修している放送授業科目に関連する用語を拾う作業を始めました。

その作業に役立っているのが、ダイソーさんで買ってきた罫線入りの大きな付箋です。100枚つづりで100円。厚すぎず、薄すぎず、ノートに貼ってもかさばらないので気に入っています。一定量の情報が無理なく書き込めるし、一番上が少し広めに空いているので、見出しのように使えるのも嬉しいです。

書きやすいと言えば、入学前に公開講座を聞きに行った時に学校でいただいたボールペンが、とっても書きやすくて驚いています。手がつかれなくてらくちん。ものすご~く控えめにメーカー名が刻んであったので目をこらして見てみると、どうやら Pentel と書いてある様子。にゅるにゅるの書き心地です(笑)。



2016年4月29日金曜日

チキンのクリーム煮


ブルーメンビアーのピルスナーを開けた日の夕飯はチキンのクリーム煮でした。この日はもーりーさんが埼玉県へ日帰り出張で、仕事が終わったら直帰できるので帰りが早いとのことでしたから、15時にはもう仕込みを始めました。本当に日の落ちる前に帰ってきましたよ~!

お風呂に入ってもらってる間に仕上げをして、20時前には食事ができました。嬉しい。たまにはこういう日もないとね ♪

作り方は「続きを読む」でたたんでおきます。ご興味ある方はどうぞそちらよりご覧ください。

2016年4月28日木曜日

お土産ファイル:近江ブルーメンビアー

もう飲んじゃったので、空瓶です

もーりーさんが買ってきた滋賀県のお土産第2弾は地ビールです。ブルーメの丘の園内にあるビール工房で作られているのだそうです。ミュンヘナー(左)とピルスナー(右)の2本を買ってきてくれました。

もーりーさんの帰ってきたその日の晩に、まずアンバー色のミュンヘナーを飲みました。酸味とコクのあるしっかりめの味わい。途中のサービスエリアビールで福井の焼きサバ寿司も買ってきてくれていたので、それをミュンヘナーと一緒に合わせてみましたよ~(^0^)力強さのバランスがぴったり。いい組み合わせでした。(焼きサバ寿司を買ったのは静岡のどこかのSAだそうです。)

ピルスナーは後日、夕飯の時にチキンのクリーム煮を食べたときに飲みました。気温も高めの日でしたので、よく冷やしてすっきりさわやかなピルスナーは最高!

というわけで、両方ともとても美味しかったです。ごちそうさまでした ♪



2016年4月27日水曜日

お土産ファイル:ブルーメの丘のバームクーヘン


もーりーさんのお土産です。本人も大好きなバームクーヘン。4月24日(日)に滋賀県のブルーメの丘( http://www.blumenooka.jp/ )で買ってきてくれました。もーりーさんは吹奏楽ファンでして、京都橘高校の皆さんの演奏を聴きに行っていました。

バームクーヘンといえば、けっこうどっしりとしたお菓子というイメージがありますが、ブルーメの丘のバームクーヘンはふわっふわ!軽い口当たりで、食べ終わった直後に「もう一切れ食べたい~!!」となること間違いなし!とっても美味しかったです。

もーりーさんが撮影してきた映像を見せてもらったら、ブルーメの丘はとっても素敵なところでした。私もいつか行ってみたいです。

ごちそうさまでした♪


2016年4月26日火曜日


先日なっちゃん(猫)に、机の上が汚くなってきてるよと指摘された(!?)ので、さっそく少し配置も変えて、山積みにしていたものを片付けました。

2016年4月25日月曜日

本棚保管用に使いたい書類ケース


土曜日はもーりーさんが髪の毛を切りに駅前に出るというので一緒に出掛け、その間、私は書店で本や文房具を見ておりました。この日の目的は、先日受講した面接授業のプリントとノートを一式まとめて収納するための、書類ケースを探すことです。書類ケースは(最終的には)本棚に立てて使うつもり。

有隣堂さんに行きましたら、LIHIT LAB. の製品にちょうどよいものを見つけました。製品名はコングレスケース。厚みは底の部分は 1.5cm ですが、入口側は 2cm になっているので、ホッチキス止めになっているプリントを数部入れるのに便利です。大きさもだいぶゆったりしていて、A4 プリントをクリアフォルダごと入れられます。8 部あるプリントをそれぞれクリアフォルダにおさめ、それをこのケースに入れています。

色も何色かあったので、今回はノートと同じ色のケースを買いました。今後、追加購入するときも、受講科目などで色分けしてもいいかもしれません。ラベルを付けられるようにもなっています。

お値段はひとつ 500 円程度。百均の書類ケースも A4L ならクリアフォルダも入りますが、いっぺんに大量に買うものでもないので、素直にデザインの好みの方を重視して LIHIT LAB. のコングレスケースを買ってみました。 最初にも書きましたが書棚への保管用として使うつもりで、持ち歩きに使うわけではありませんから、強度も十分かと思います。

ノートの余りページに追加する「さくいん」も完成しました。ご興味ある方は「続きを読む」よりご覧ください。

2016年4月24日日曜日

わが家の庭から(107) 春の花いろいろ~


4月20日の庭の様子です。まずはコデマリ。咲くときには一気に咲くので驚きます。ポストの脇に植えてあるので、邪魔にならないように樹高を低めに抑えてあります。

ほかにも本日は写真が多いので、下のリストを見てご興味あります方は、「続きを読む」よりどうぞご覧ください。

  • コデマリ(1枚目)
  • ホメリア
  • イングリッシュブルーベル
  • エニシダ
  • チューリップ(原種・バイカラー)
  • ブルーベリー(花)
  • ワイルドストロベリー(花)
  • アレナリア・モンタナ
  • ネメシア

2016年4月23日土曜日

今週のなっちゃん(83)あたくしは猫である


あたくしは猫。名はもうとっくにあって、「なつこ」っていうの。どこで生まれたか知ってるけど、人間の言葉で説明はできないわ。まぁ、ともかく生まれてしばらくは外にいたのよ。人間というものを始めて見たのもここじゃなかったけど、さなちゃんともりちゃんっていう、人間の中で一番獰悪ってほどでもない種族に会ったのはここ。

その時から別段恐ろしいってわけじゃなかったけど、ただ彼女の手のひらに抱えられてスーッと持ち上げられた時なんだかフワフワした感じがあったばっかりよ。この人(さなちゃん)ってば、ちっちゃいと思ってたのに、猫にしてみりゃそれなりにデカいんだもの、妙なものだと思った感じが今でも残ってるわ。


さなちゃん:「なっちゃん、なにして遊んでるの?」

なっちゃん:「さなちゃんこそ、何やってんのか知らニャいけど、あっちの机の上、あたしの乗り場がなくニャっちゃったじゃないのさ!急にお勉強なんかして、クシャミ先生にでもなろうっての?」

さなちゃん:「。。。」


2016年4月22日金曜日

参考書:ブルーバックス『大人のための高校化学復習帳』


読書ブログになってしまいそうないきおいですが、本日も本の話題です。しかも今回は参考書(笑)。いつもの通り「続きを読む」でたたんでおきますので、ご興味ある方はどうぞそちらからご覧ください。

2016年4月21日木曜日

読書:『薬草の博物誌-森野旧薬園と江戸の植物図譜』


本といえば、4月9日(土)に小石川植物園へ行った帰りに、いつも通りブックファースト新宿店へ寄りました。理工学書の置いてあるGフロアーに行くと、いろいろの図鑑などもあって面白いのですが、この日も素敵な1冊を見つけました。タイトルにも掲げましたが、『薬草の博物誌-森野旧薬園と江戸の植物図譜』という本です。

2016年4月20日水曜日

グラシン紙で、図書室の本にカバーをかける


先週末の面接授業のお昼休みに、多摩学習センターの図書室に行きました。棚をあてもなく見ておりましたところ、ただいま履修している放送授業(『ヨーロッパの歴史II 植物からみたヨーロッパの歴史』)に関連した内容の載っている本をみつけ、一冊借りてきました。色彩感覚に富んだ女流ガーデナー、ガートルード・ジェキルのことが、建築家ラッチェンスとともにいくつか取り上げられています。

イギリスの郊外の住まいや街づくりに関する本なので、ついでに2011年に滞在した街も載ってやしないかと期待しましたが、さすがに新興住宅地すぎるのか載ってはおりませんでした。残念!


《後日追記》

この本は、あとから古本屋さんで探して手に入れました。


あれ?っと思ったのは、市民図書館の本のようにブッカーがかけていないこと。白っぽい表紙の本なので、手垢がついたらイヤだなと気を使ってしまいます。持って帰ってくる時も、バッグの中で傷がつきやしないかと気が気ではありませんでした。

そこでさっそく、グラシン紙で簡易カバーをかけました。ただピッタリの大きさに切って、表裏の表紙にそれぞれ折り込んだだけですが、これで安心して読むことができます。(もちろん、返却する時には外します。)

ちなみに、グラシン紙はその前の週末に相模大野の世界堂さんで買ってきたもので、4人がけテーブルの天板くらいの大きさが一枚50円でした。会員になっているので割引がききますから、5枚買って二百円程度と、まるで一枚オマケでもらってきたような値段になり、ちょっと嬉しかったです♪

手持ちの本も、学校の勉強に使うとなると、ただ読むだけだった時よりも傷みが早いので(開閉の回数が増えるから)、頻繁に参照するものにはグラシン紙のカバーをかけました 。半透明のグラシン紙なら、カバーをかけても背表紙の文字はちゃんと読めて便利です。



2016年4月19日火曜日

もーりー亭:ビーフカレー


超~~~、ものすごぉぉぉい(歌丸師匠風に読んでください)久しぶりの、もーりー亭でございます。日曜日の晩ごはんに、もーりーさんがカレーライスを作っておいてくれました♪ (私は面接授業に行っておりました。)

コロコロまん丸の新じゃが入りビーフカレー。ルーはジャワカレーの中辛です。

4月あたまの結婚記念日に炊飯器を新調したので、ごはんの美味しさも格段にアップしまして、相乗効果(?)でとってもとっても美味しかったです。もーりーさんに大大大感謝!



2016年4月18日月曜日

面接授業受講記(1):『科学の見方・考え方』濱田嘉昭先生

新小平の駅から学習センターへの道中、
銭湯の煙突を発見

4月16日(土)と17日(日)の二日間は、面接授業と呼ばれる放送大学のスクーリングに行ってきました。出かけたのは東京の小平市にある多摩学習センターです。面接授業を受けるのは初めてでしたが、入学前に公開講座で2度ほど多摩学習センターには訪れているので、リラックスして出かけられました。

公開講座の時は西多摩湖線の駅から行ったのですが、今回からは武蔵野線の新小平駅から行くことにしました。このルートだと駅から学習センターまで1.4kmほど歩くのですが、その代わり自宅からの交通費が安く、乗り換え回数も少ないと分かりまして。歩く距離が長いかな~と思いましたが、実際に歩いてみると片道15~20分程度のウォーキングは勉強前後のウォーミングアップとクールダウンになり、なかなか良かったです。

2016年4月14日木曜日

東京デート@小石川植物園(春)②森の散歩編


4月9日(土)に訪れた小石川植物園の様子を本日もお届けいたします。今回は桜以外の植物を・・・と言いながら、一枚目はまたまた桜の写真を選んでしまいました。スイセンと桜が同時に見られるというのは、なかなかないような気がします。

写真が多くなりますので、続きはたたんでおきます。ご興味ある方は、「続きを読む」からご覧下さい。

2016年4月13日水曜日

東京デート@小石川植物園(春)①お花見編


4月9日(土)の午後もーりーさんと二人で、カメラを持って小石川植物園に出かけてきました。

こちらの植物園にお邪魔するのは2010年の秋以来。その時は都営三田線の白山駅から行ったのですが、今回は昨日のエントリに書きましたように、丸の内線の茗荷谷駅からのルートで行きました。植物園に行く前には、隣接する建築ミュージアムにも立ち寄りました。

桜の開花状況も、植物園のサイト(http://www.bg.s.u-tokyo.ac.jp/koishikawa/)で前日にチェックしてから行きましたよ~。写真が多くなりますので「続きを読む」でたたんでおきます。ご興味ある方はそちらからご覧下さい。


2016年4月12日火曜日

東京デート:建築ミュージアム@茗荷谷


4月9日(土)は、もーりーさんと二人で文京区にある建築ミュージアムに行きました。こちらは東大の博物館の別館で、小石川植物園の敷地内にあります。

最寄り駅は東京メトロの茗荷谷駅。駅から建築ミュージアムまでのルートの途中には文京区の教育の森公園などもあり、とても静かで雰囲気の良いエリア。お散歩にももってこいです。


駅から10分程度で建築ミュージアムに到着。入場料は無料です。この日の午後は2階ではなにやらレクチャーが行われていたようです。かなり大勢の人が来ていました。

・・・が、そんなことを全然知らずにふらりと来てしまった私達は、常設展のみを見学しました。ガウディのカサ・ミラなど、世界中のいろいろな建物の模型が展示されていました。
  
小石川植物園の内側から見ると建築ミュージアムの建物はこんなふうに見えます。植物園の日本庭園エリアから写真を撮りました。この建物は明治初期のものだそうで、国の重要文化財にも指定されているようです。(植物園への入り口は、建築ミュージアムからは少し離れたところにあり、入園料も必要です。)



2016年4月11日月曜日

わが家の庭から(106) ミニチューリップ:イエローベビー


春は花の季節ですから、庭の話が続きます。4月8日(金)、黄色いチューリップも咲きました。
パッと見てお分かりになると思うのですけども、このチューリップ、とっても小さいのです。一緒に写っている細い葉っぱはクロッカスの葉っぱです。根元も写っていますから、茎が全然伸びてないのもお分かりになりますでしょう?


こちら、原種系のミニチューリップで、名前をイエロー・ベビーといいます。何気に八重になっているので、小さいですがなかなかのボリューム。葉っぱに包まれている様子が童話『親指姫』を思い出させますね~。


2016年4月10日日曜日

わが家の庭から(105) 4年目のチューリップ開花:レッドインプレッション


植えっぱなしのチューリップが開花しました。

先日もうすぐ咲きそうだと蕾の写真をアップしましたレッドインプレッションが、4月8日(金)に開花しました。2012年の秋に球根を植え、それ以来1度も掘り返さず庭に植えっぱなしにしているものです。

2015年は葉だけが出て花は咲きませんでしたが、2013、2014、2016年と3回も咲きました。最初の年は6本、次は4~5本、そして今年は3本。ひとつひとつの花の大きさや色は変わりませんが、本数は減っちゃってますね。(ま、もう一回咲いたってだけで嬉しいわん♪)


レッドインプレッションは、横から見ると濃い赤と淡い赤のツートンになったチューリップで、茎もスラリと長いです。葉は大きく、色は薄め。花を上からのぞきこみますと、真っ赤な花びらのつけ根と雄蕊が黒くなっていて、なかなかかっこいいのです。

このまま植えっぱなしにして、来シーズンはどうなるのか?様子を観察したいと思います。


2016年4月9日土曜日

春キャベツと豚バラの炒め物


火を通すうちにみるみる色が鮮やかになって、見ているだけで幸せ~な気分にしてくれるのが春キャベツ。手でワシワシちぎってはポイポイと中華鍋に放り込んでいきます。

まず豚バラを先に炒めて脂を出し、その脂だけでお野菜を炒め合わせました。野菜は、もやし、ニラ、春キャベツ。大きめの中華鍋を使って強火で一気に炒め、最後にちょっとだけフタをします。キャベツのキレイな色を保ちたいので、味つけは塩か薄口醤油で。この日は薄口醤油にしました。色は淡くても、ニラとお醤油の香りで、ごはんのお供にピッタリです♪


2016年4月8日金曜日

煮こみハンバーグ

 
3月29日(金)の晩に食べた煮こみハンバーグです。写真ではひとつしか写っておりませんが、もーりーさんのお皿には2つのっております。
 
どっしりしているように見えて、そのじつすご~く軽やかな仕上がりのハンバーグ。合挽き肉400gにタマネギを丸ごと1個、それから卵も1個、大さじ1のパン粉を50mlの牛乳でふやかしたものも加えております。タマネギはみじん切りにしてから、バターと一緒にレンジでチンします。そして粗熱がとれてから、挽肉や他の材料と合わせます。あわせたらよ~くこねるのがポイント!スパイスは、ナツメグ、セージ、オールスパイス、塩、こしょうなど。
 
この分量だとタネはゆるゆるで、形を作るのはちと難しいかもしれませんが、その代わり軽やかに仕上がります。
 
ゆる~っとしたタネをそっとフライパンに移したら両面を強火でまずしっかり焼き固めてしまって、それからデミグラスソースを加えてフタをして煮込みます。フタをするので、そんなに長時間煮込まなくてもOKです。
 
ソースはハインツの煮こみハンバーグ用を使いました。赤ワインを加えると甘さが抑えられて大人の味になります。お鍋に残ったソースは冷凍にでもしてとっておくと、いつでもオムライスの絶品ソースになりますよん ♪ (これがまた、美味しいんだ~)
 
 

2016年4月7日木曜日

わが家の庭から(104) 原種系チューリップ:プレスタンスブローメンルスト、アリババ


今年は4月にはいるやいなや、早くもチューリップが咲きました。連日雨でしたので写真が撮れずにやきもきしましたが、6日にようやく晴れましたので撮れました。もうかなり花が開いてしまっております。ギリギリのタイミングだったな~。撮れてよかった。

昨年の秋に植えた背丈の低い原種のチューリップです。ちょっとね、長い名前なんですよ。え~と、プレスタンスブローメンルスト・・・だそうな。かなり鮮やかな赤い色をしていて、小さいのだけれどとっても目立って華やか。


「駐車場の方のチューリップも咲いてるよ」と出勤前にもーりーさんが教えてくれたので、そちらも見に行ってみました。

すると、オレンジがかった朱色に中央が黄色くなったのが咲いていました。かわいい。名前はアリババ。これも原種系なんでしょうかね。背丈が低いタイプです。ずいぶんと虫ちゃんに食われちゃってるんだけど、なんだか色合いもあいまって「食われちゃっても気にしない~」というようなおおらか~な雰囲気?に見えます(笑)。

原種(系?も?)のチューリップは植えっぱなしでくり返し咲くと聞いたことがあり、それをまさに期待しているというわけなのですが、とりあえず1年目は咲いたので嬉しいです。

チューリップも本当にいろいろあって面白いですね。


2016年4月6日水曜日

入学者の集いに行ってきました


書こうか書くまいか迷ったのですけど、自分自身も日頃ネットでよその方の日記を参考にさせていただいているので、カテゴリを用意して体験したことなどを覚書的に書き綴ることにします。興味のある方は、『続きを読む』からどうぞご覧下さい。


2016年4月5日火曜日

青い目をしたカワウさん


ダイサギさん親子に出会ったのと同じ日に、川ではカワウさんにも会いました。大きく撮れると、本当はどんなお顔をしている鳥さんなのかがよく分かりますね!カワウさんの目は透き通るような青い色をしていてとてもキレイなんですよ~。オレンジ色のホッペもかわいい。

Photo by Kazuya Moriyama

遠目で見ると黒一色のように見えて地味な鳥のように思うけど、実際はとってもカッコイイ色合いをしております。

それから、写真で見ても頭部の濡れている様子がお分かりになると思いますが、カワウさんはとっても潜水上手!パッと水の中にもぐったかと思うと、はるか彼方から顔を出したりします。もぐったまま泳ぐのも速いのですね。



 
カワウの様子も短いですが動画に撮りました。
 
音楽が付けてあるので、ご覧になる際はボリュームにお気をつけください。
 
 
 
 

2016年4月4日月曜日

ダイサギさん親子に出会った日



3月31日(木)、もーりーさんはギリギリのタイミングで年休消化を1日ゲットしてまいりました。それで、桜の開花にはまだ早かったけれど、カメラを持って屋外へ出かけてきましたよ~。

すると、ダイサギの親子の姿が見られました。長い首をたたんで座っております。

Photo by Kazuya Moriyama

飛ぶとかなり大型の鳥だというのがよく分かります。
ダイナミック!

Photo by Kazuya Moriyama
 
子供の時はくちばしと足先の色が違うのですね。
かわいい姿が撮れました。
 
 



水辺でエサを探す幼鳥の姿も動画にしました。
 
音楽が付けてあるので、ご覧になる際はボリュームにお気をつけください。
 
 
 

2016年4月2日土曜日

わが家の庭から(103) 植えっぱなしの球根あれこれ


春は一斉に花が咲き始めるので、庭の話題を続けます。本日ご紹介するのは、植えっぱなしの球根たちで、毎年ちゃんと花を咲かせてくれているものです。まずは一番古株のヒヤシンス。6年以上は確実に経っているはず。そろそろお仲間を増やしてあげようかな?紫色や白なんかも近くに植えてみたいです。


ウォーキングの時に歩いている道ではすでに満開のハナニラをたくさん見かけましたが、わが家もそろそろ咲き始めました。隣にローズマリーを植えたので、競合しやしないかちょっと気になりましたが、今のところ大丈夫みたいですね。減っている様子もないし。

花も、昨年までは茎がひょろっと長くてムリヤリお日様めがけて咲いている感じでしたけど、今年は茎も短めになって安定感が出てきたような気がします。このスペースになじんできたのかも。


そして、今年のサプライズはこのチューリップ。おととし咲いたレッドインプレッション(だと思う)。チューリップは掘りあげてからもう一度植えつけてもなかなかうまいこと咲かなかったり、はたまた植えっぱなしでは夏に球根が腐ったりしてダメになることも多いですが、これ、昨年も実は大きな葉っぱだけ出てきていたのです。花は咲かなかったんですけどね。

今年も早くから葉が出はじめておりまして。また葉っぱだけかな~?と思っていたのですが、なんと
、3つもつぼみをつけているではありませんか(驚)!去年の春からの分も含め、光合成で養分をぐーっと蓄えていたのでしょうかネェ?!

レッドインプレッションって、その名のとおり真っ赤な花が咲くのですけれど、ちゃんとその色を再現してくれますでしょうか。楽しみです。


最後はムスカリ。(手前がボケすぎちゃって見づらい・・・)

ムスカリはいろいろな場所に植えているのですが、これは昨年の秋に新たに植えたコーナーです。今までのよりも花の房が大きいです。そして葉っぱが短くて肉厚なような・・・?違う種類だったみたい??

ちなみに、ムスカリの後ろのシューシューと長く伸びている葉っぱはホメリア。これも昨年は咲かなかったんですけど、今年はどうでしょうかねぇ。いまのところつぼみは見当たらないのですが。相当長い葉っぱが、庭の面白いアクセントになっています。


2016年4月1日金曜日

わが家の庭から(102) もう一度クロッカス、そして新顔のシラー


(95)でご紹介いたしましたクロッカスをもう一度。白いほうです。前回は花がまだ完全にひらいていない状態でしたので、咲いた姿をぜひ。なんだかゆでたまごみたいです。名前はアードシェンクというようです。


こちらはまだ前回はご紹介できなかった、もうひとつのクロッカス。白いクロッカスと同じエリアに植えてます。めっちゃ、小さい・・・。品種なのか?日当たりのせいか?どのくらい小さいのか分かるように、スイセンの花びらも一緒に写しこんでみました。名前はトリカラーというようです。


さて、こちらも小さくてひょろりとしております。シラー・シベリカ。大きさ比較のために、これもスイセンと一緒に撮りました。後ろにムスカリも咲いていますね~。

覚えていらっしゃる方おられますでしょうか?ハイ、このエリア、昨年の秋にカインズホームの球根セットを植えた場所でございます。あらかじめ配置のされている、トレーごと植えられちゃうセット。ちゃんと次々芽を出して、しっかり花も咲き始めておりますよ~ ^0^

この駐車場脇はなかなかうまいこと花が育たなかったんですけど、球根はOKっぽいですね。よかった!というわけで、大成功と言ってもいいのではないでしょうか。これからチューリップも咲く予定なので楽しみです♪

*球根を植えた時のエントリーはこちらです →