2016年7月31日日曜日

もーりーさん、DIYでウォールハンガーを作る

玄関の段差を利用して、木材を切っているもーりーさん

ひと月ほど前に、とあるものを買って家に取り付けたいともーりーさんに相談しましたところ、「作っちゃる」という返事をもらいました。そしてその場で、「これこれこういう材料で、こういうデザインでどう?」ってなところまでスラスラと提案が。ホームセンターでの会話でしたから、一緒に材料などを見つつ。

ドリル作業も玄関で

そして本日、とうとう実際の作業に入ってくれまして、あっという間に出来上がったのでございます~。もともと家にあった端材を使って、いくつか簡単なパーツを組み合わせての作業です。

出来上がったのはウォールハンガーです
材料はどれも安価に手に入るものばかり

じゃ~ん!出来上がったのは、ウォールハンガーでございます~♪ 白木のラウンドタイプのバーに、ブロンズ調の色合いのパーツを組み合わせて作ってくれました。

長物の掃除道具をしまう場所が確保できて嬉しい

用途はごらんの通り。部屋の中には長物を収納できるような棚やスペースがないので、洗面室の壁にウォールハンガーをつけて、箒などを掛けておけるようにとリクエストをしました。吊るしておかないと、箒の先にクセがついてしまうので。

扉を開けた場合、隠れて見えなくなるようになっています

そしてこのスペースは、ドアを開けるとご覧のように、すっかり吊るしてあるものが隠れて見えないくなるのです。これ、このウォールハンガーの大事なポイント!(依頼主=私、の重視した点)なのです。丸見えにならない場所に掃除道具をしまいたい、と。

希望通りの機能のものをシンプルなデザインでパパっと作ってくれたので、とても感動しましたよ~!たしかこの端材は社宅の時に押入れの中で、洋服を吊るすバーとして使っていたものだったと思います。結構な長さがあるので、また他のものも作れるかも?!

もーりーさん、どうもありがとう!

ちなみに彼はただいま、ひと仕事後のパチンコ中です(笑)。



2016年7月30日土曜日

単位認定試験受験記(1)- 2:『自然科学はじめの一歩 ('15)』

もーりーさんの買ってきてくれたランチパックで朝ごはん
飲み物はグレープフルーツジュースです

わ~い!最初の学期の単位認定試験が全部終わりました~!試験期間はまだありますが、私はたったの2教科しか履修していないので、今日でもうおしまい。解放感満点 ♪

午前中10時25分からの試験で、10分まえには試験会場に入るようにとのことでしたので、9時には学習センターの最寄り駅につくように出かけました。いつも混んでいるサンマルクカフェも朝はまだ空いてまして、1時間ばかり勉強できたのも良かったです。

本日1枚目の写真は、昨夜もーりーさんが「明日の朝早いんやろ?朝飯用に買ってきたよ」と用意してくれたランチパックです。もーりーさん、どうもありがとう!

2016年7月29日金曜日

今週のなっちゃん(88)いよいよニャね~


今日も教科書とノートを広げて試験勉強をしていると、お昼頃なつこさんがやってきて、例のごとくどで~んとノートの上に座ってしまいました。これ、私がまだ文字を書いているときに座りにくるんですよ。顔が近い近い!モフモフするよ~(笑)。

んで、「いよいよニャね~」と応援してくれているわけでもなく、容赦なく猫パンチ(ジャブ)を繰り出すのでありました。

ヒャッ!あぶない!

「はよ、ひるごはん、おくれ!」

これが本当のメッセージです(笑)。

2016年7月28日木曜日

今日のおやつはチーズタルト(@カフェ・ヴェローチェ)


結局、午後から教科書を持って外に出ました。文房具の追加をしたいのもあって、有隣堂さんに行きました。

その後カフェ・ベローチェに。広くて静かではかどります。Lサイズのブレンドコーヒーと、追加注文のチーズタルトでおやつタイム。

今日から物理のページに取りかかってます。電子の質量とか電気量とか、頭に入ってきてくれるでしょうか?しかもその後、万有引力定数だのクーロン力の定数だの、光の速度だのがワラワラ出てきます。数字って、外国語みたい…


昆布切り


体がもう今朝は勉強したくな~い!とストライキを起こしているので、全然違うことをしましょうと、昆布切りをしています。

あと、シーツ類一式の洗濯。朝は晴れていたのだけどな…。今になって怪しい雲行き?

ストレス解消しないと、先に進めないらしい。多分、体も眼も頭も、違う動きをしたがっています。肩こりバリバリになるもんね。ずっと同じ姿勢してると。


2016年7月27日水曜日

今日のおやつはミントココア


写真もタイトルも投げやりになってまいりました~。もちろん内容もそれなりです(爆)。ま、これが息抜きってことで、書くことは書くのですけど。

本日のおやつはカルディさんのオリジナル商品のミント・ココアです。これ、リピート買いしちゃいました。アイスココアにして、少しミルクを加えるとおいしいです。あまり甘くないので、甘いのが好きな人にはどうか分かりませんが。

気温的にはアイスココアって感じでもないのですけどね。先週からずっと涼しい日が続いております。イギリスの夏かいな?ってくらい。今日なんて、まだエアコン入れてません。あ、それは嘘。料理する時だけちょっと冷房しました。でもそのくらいで済んでいます。ありがたい涼しさ。

今日も昨日の続きをやっております。(昨日のもーりーさん、TOEICのテストは仕事よりも疲れたようで、夕飯後にソファーで爆睡でした。お疲れ~。)

2016年7月26日火曜日

ルマンドでコーヒーブレイク


午後2時頃ってちょうど睡魔が…。20分ばかりの昼寝は良いとの話も聞くけれど、それで済むとは思えません(^^;)

んなわけで、コーヒーを煎れましたよ~。あくびは糖分不足の生あくびかもしれないので(?)、もーりーさんが昨日買ってきてくれたルマンドも傍らに。生物のノート作りは今日の午前中までかかってしまいまして、昼に放送授業からのメモも追加して完成!今日の午後からは化学に取りかかります。どこまでジタバタできるでしょうか(笑)。

ちなみに、もーりーさんは今日の夕方は会社でTOEICのテストだそうです。勉強してなかったけど。


2016年7月25日月曜日

ニューヨークチーズケーキでコーヒーブレイク


今日は生物学の勉強をしています ここのところずっとやっていた歴史の勉強も、テーマは博物学とか植物学だったので、その気分のまま生物学に突入です! 

そして只今、ニューヨークチーズ でコーヒーブレイク中♪

スーパーマーケットのケーキだけど美味しいわん。昨日の買い出しの時に、自分のために「テストお疲れさ~ん」と買ったのです。パイナップルタルトと二個入りでした♪ タルトは昨日食べました。もーりーさんは、シューロールとかいうケーキを食べてました。


2016年7月24日日曜日

単位認定試験受験記(1)- 1:『ヨーロッパの歴史II ('15)』


7月24日(日)の午後、放送大学の単位認定試験を受けてきました。初めての試験だったのでドキドキでしたが 、始まるとあっという間でした。まずは、ヨーロッパの歴史II の記述式試験を受けてきましたよ~。半年間の成果を出し切ってきました!とっても楽しい科目でした~(*⌒▽⌒*)

月曜日からはまた一週間、もうひとつの科目の試験勉強に励みます。今回はちょうどいい具合に、二科目の試験日程が一週間空いてました。履修登録をする時に、試験日程も考慮して選ぶことができるようになっています。単位認定試験は全員がそれぞれの学習センターで受験するので、会場内はすごい人の数で驚きました。こんなに大勢の人が学んでいるんだと思うと、なぜかちょっとワクワクしました。

今回は、試験時間の一時間前に最寄り駅に着くように出かけました。次回は試験時刻が午前中なので、早起きしなきゃ!


2016年7月23日土曜日

Runner Baens ランナービーンズ

山梨県産の平豆
イギリスのランナービーンズに似てます

手元に Dr.D.G.Hessayon 氏の The Bedside Book of the Garden - A Garden Miscellany - という本があります。2011年のイギリス滞在時に買ってきたもの。本の詳細はまた今度にいたしますが、先日、カルロス・クルシウスという植物学者のことをこの本で読んでおりましたところ、Hessayon さんの締めくくりのひと言に思わず笑ってしまいました。

庭といえばハーブや野菜の栽培の場だった時代に、クルシウスはシクラメン、ラナンキュラス、ヒヤシンスなどを園芸植物として庭に持ち込み、またチューリップをヨーロッパで最初に育てた人として記録されています。それで、花の庭の父とタイトルにもあったのですが、そんなクルシウスの章のラストに Hessayon 氏は、「ランナービーンズを中央ヨーロッパに受け入れた責任もある」と書いているのです。さらに続けて、

「おそらくジャガイモも」

ですって(笑)。あはは~。ジャガイモ、ちょっと嫌になるくらい食べてますもんねぇ。(って、現地の人はそれほど嫌にはなってないと思うけど。)

でも、ランナービーンズもそういう認識の野菜なんだ?!と驚きました。たしかに目につくほど売られてはいましたし、NHKのイギリスの庭のドキュメント番組でも、食卓にのぼる様子を記憶していますが。(というか、それでこの豆の名前を知ったのです。)

で、笑ったのにはわけがもう一つ。その文章を読む2日前の晩に、ランナービーンズ(に似たもの)をちょうど食べたばかりだったのです。スーパーマーケットの野菜売り場で見つけて、「お!珍しい!ランナービーンズに似てる!」と買ってきたのは、山梨県産の平豆。インゲン豆の、平ったくてちょっと(かなり?)長いものです。

それをどうやって食べるのかといいますと…

ハンバーグの付け合わせにしたいランナービーンズ
二人分にするため、この倍量はさらに切りました

こんな風に切ります。

これ、イギリスのスーパーマーケットの野菜売り場で見かけるような状態に切ったのです。そのままでも売られているのだけども、こんな感じで Ready to eat 状態になっても売られていました。(この場合は生では食べないから、Ready to cook かな?ま、ともかく、要はすぐに調理できる状態ってことです。)

両端の硬いところと筋(あまりないけど)を適当にとってから、斜め小口切りのようにします。それから少し茹でて、バターで和えて食べました。軟らかくなるまでにはちと時間がかかるかも。絹さやのデカい版みたいな見た目ですが、硬さはインゲンなので。

ところで、せっかくここまで写真を撮っておいたのに、肝心の盛りつけ後の写真がありません。ハンバーグのつけ合わせにしたのですけどね。残念!食べたのが遅かったので、もう写真を撮るどころではなかったのです。

でも、懐かしく美味しいランナービーンズでした。炒めものにしても美味しいですよ。



2016年7月22日金曜日

フランス語の資料を辞書を駆使して読む

フランス語の資料を、辞書を駆使して読んでいます

先日のトワル・ド・ジュイ展で気になるものがあったので、それについて調べ始めたのですが、今から書籍を探して取り寄せて読むという時間もないので、頼りになるのはインターネットです。自分が想定した事柄について、関連情報がヒットしそうなキーワードを考え出して検索し、ひとつ良さそうなものをフランスのトワル・ド・ジュイ博物館(美術館)のサイトにみつけました。

メインの記事のほとんどは表示言語を英語に切り替えられたのですが、なぜか下の方の階層にあった目当ての情報はフランス語表示のみ…。う~ん。ここをあきらめてもう少し別なものを探すか?う~ん。う~ん。う~ん。

ハイ!覚悟を決めました!

それほど長い文章ではないですし、各文章の見出しは英語でいうなら What is とかの簡単なもの。辞書を引いて粘れば読めるのではないかと判断しました。料理レシピと同じ感覚で取り掛かってみることに。え~、それにはまず辞書を探さないと。

Je cherche mon dictionnaire français.

私のフランス語の辞書どこだっけ~?と、さっそくフランス語で言ってみる(笑)。ジュ・シェルシュ・ほにゃらら~。「私は何々を探していますー」、と。これ、数年前のテレビでフランス語で覚えたフレーズです。役立ちますねぇ、NHK語学講座。ついでにテキストを引っ張り出してきて確認したら2011年のですって。私の見てたのはもう少し後の年にやっていた再放送の時でしたけど。

辞書もちゃんとみつかりましたよ~。文字通りホコリを被ってました(爆)。

何年か前にフランス人の方とランゲージ・エクスチェンジをしておいたの、すごく良かったわ~と今になって思います。おかげでそれなりに読めそうですよ、辞書さえ引けば。発音もそれなりに想像できるし(発話するのはまた別の話)、単語の語尾の形が変化していたりしても、ある程度は見出し語の検討もつけられるようになってました。感謝、感謝!

フランス語もそのうち履修したいと思っています。



2016年7月21日木曜日

トワル・ド・ジュイでカルトナージュ:資料用ファイルを作る


トワル・ド・ジュイ展を見に行った時に、裏面がシール仕様になっているカットクロスをミュージアムショップで買いました。翌朝それを使ってさっそくカルトナージュ製作です♪


出来上がりはこちら。

展覧会の帰りに新宿へ出て、世界堂さんの1階で5.8cm厚のB5ファイルを買ってきました。素材はごく簡単なボール紙でできており、ファイル部分もプラスチックという簡易タイプ。たしかKING JIMのだったと思います。お値段は450円くらいでした。会員になっているので定価の20%オフで買えますから、実際はもっとお安いです。(さらに次回以降に使える割引券ももらえます。)

B5サイズの厚手のファイルはなかなか見つからなかったのですが、さすが新宿の世界堂さんには何種類かありました。そのまま使えるしっかりとした表紙のものもありましたが、私は今回は布を貼る素材となるものを探していたので、いいのがあって良かったです。

というわけで、これに布を貼ってしまいます。

いつもでしたら糊を本体に塗って布を貼るのですが、今回は糊付きのカットクロスを使ったので、サイズに切ってシールのように貼るだけです。布は伸びるので、伸ばし過ぎないよう、また気泡がはいらないように注意しながら貼ります。


3冊に分かれていた欧州史IIのノートが1冊にまとまりました。トワル・ド・ジュイのファイルにしたので、どの内容の科目だったかすぐに分かります。うふふ♪ こりゃ、 ご機嫌♪

ただし、リングファイルではないので、途中のページに書類を追加したい場合にはちと面倒。最終的に綴じるためのファイルですね。保管用。中身を移動させるのがちょっと早すぎました。試験まであと数日、もう少し追加資料は増えるはずなので…。


ちなみに裏も同じ生地を貼りました。ファイル部分は四角い窓をあけて避けて貼りました。表紙の前後にリボンをつけて結べるようにすると尚いいかも。試験が終わったら何か似合いそうなリボンを調達してこようと思います。

今後もリサーチ系の科目の資料には、この手のファイルを最後に用意しようかな。


2016年7月20日水曜日

西洋更紗トワル・ド・ジュイ展@Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷)


7月18日(月)はもーりーさんと二人で、渋谷の東急Bunkamuramura ザ・ミュージアムに【西洋更紗ドワル・ド・ジュイ展】を見に行ってきました。

今年から放送大学の全科履修生になったので、学生証を提示すると学割が使えるようになりました。嬉しい。実際に使うのは初めてでしたが、ちゃんと大学生料金のチケットを買うことができましたよ~。一般に比べて400円もお安くなっちゃう!

今回の展覧会はもちろんもともとの興味もありますが、試験直前にでも見に行ったのは履修中の科目に大いに関係のあるテーマの展示だったからなのです。

自分が実際に利用してみてあらためて、学割の意義ってこういうことなのか~と実感。勉強やリサーチに関わるものを、どんどん見たり体験したりできるようにってことなのでしょうね。ありがたいです。

展覧会は7月31日まで。ご興味ある方まだまだ間に合います。公式サイトはこちら → http://toiledejouy.jp/

2016年7月19日火曜日

レポート作成のための参考書とウェブサイト

入学直後に購入した本3冊

放送大学での記述式問題のレポートを書くにあたって、私が参考にしたウェブサイトと書籍をご紹介します。(昨日のエントリーの続き。)

【ウェブサイト】

向後研究室教材サイト  6.レポートを書く

早稲田大学の先生がクリエイティブコモンズライセンスの下で公開しているページ。ドンピシャで千文字のレポートの書き方が出ています。序文、本文、結びの構成と文字数配分などとても参考になりました。https://kogolearn.wordpress.com/studyskill/chap6/


【書籍】

澤田昭夫、『論文の書き方』、講談社学術文庫、1977年(2015年第70刷)

具体的な論文やレポートの体裁を学ぶというよりも、その準備としての文献調査の仕方に詳しい本。研究の進め方とそのまとめとしての論文の書き方、という趣旨。小論文についてのページもありますが、具体的・実践的というよりもやや観念的内容かも?


木下是雄、『レポートの組み立て方』、ちくま学芸文庫、1994年(2010年第34刷)

レポートにはどのような文体、構成がふさわしいか、に詳しい本。個人的にはこの本が最もレポート作成に役立ったと思います。


2016年7月18日月曜日

記述式科目のための準備(自己流)


日曜日。もーりーさんは早朝から富士スピードウェイにスーパーフォーミュラ観戦&撮影に出かけましたが、私は来週末に単位認定試験を控えておりますので、さすがに今回は断念して家でおとなしく試験準備をしております。…といいつつ、ブログを書いておりますが(笑)。

先に試験日があるのが欧州史IIの記述式試験です。通信指導の時のようにパソコンのワープロソフトでレポートを書ければいいのですが、今回は試験会場で試験時間内に、その場で与えられたテーマについて手書きで仕上げねばなりません。教科書とノートを持ち込んでいいとあっても、丸腰で出かけたら相当キツイと予想されますので、できる限り仕込みをしたいというのが私の気持ち。

それで写真のような原稿用紙を相手に、ドラフトを作ったりなんかして。原稿用紙は通信指導の時のものと同じ15文字×18行にラインを引いて使用。もっとも、ドラフトを用意したのと同じテーマが出題されてるかどうか分かりませんし、原稿用紙の様式も通信指導のとは違うかもしれませんから、まったくの骨折りになる可能性も否定できません。

それでもやるしかないじゃない?当たればもうけもん!

2016年7月17日日曜日

もーりーさんのお買い物:マフラー交換@沼津


ここ数年もーりーさんのお買い物と言えばカメラ関係が多かったのだけど、この夏は久しぶりに別のものが欲しくなったようです。7月16日(土)の午後、沼津の矢東タイヤさんまででかけてきました。愛車、マーチ・ニスモくんのマフラーを交換するんだそうな。

矢東タイヤさんのサイトはこちら → http://www.yatoh.co.jp/


もーりーさん曰く、「マフラー交換は、車にとっては便秘が治るようなもん」なんだって。って、なんのこっちゃい。ま、ともかく、20年ぶりのマフラー交換だと言って、本人はたいへん喜んでおります。

で、いったい何が変わるの?と聞くと、「気持ち!」ですって(笑)。


最初はお店の中で待っていたのですが、交換作業が始まると「写真撮りたい」と言って外に出ていきました。写真は交換後の新しいマフラーです。HKS Silent HiPower という商品。

代金は、工賃込みで30270円でした。ネットで商品を探したようで、メールやり取りの後、事前に銀行振り込みをしてから、作業日確定と相成りました。

先週末に在庫と希望日の打診をして、月曜日に振り込み&日にち確定って感じでしたよ~。日時の予約をしてから行ったので待ち時間はゼロでしたし、作業時間も20分かからずとスピーディーでした。それに、もともとついていたマフラーも持ち帰りを希望しましたら、きれいに梱包してくださいました。

で、走ってみての感想は?ともーりーさんに聞きますと、「上品な低音でいいねぇ!」だそうです。うるさかったらヤダな~と思っていましたが、実際はそんなこともなさそうなのでよかったです。曰く、「車検通んないと困るから、最近はうるさいのはあんまりない」のだそうな。そっか、なるほどね~。名前もサイレントだものね。

さて、お持ち帰りのオリジナルのマフラーはどうしたのでしょうか?ハイ、そのまますぐ近くのUP GARAGEさんに寄りまして、買い取っていただいてきました。買い取り金額は3千円也。差し引きトータルで、27000円のマフラー交換。いよ!買い物上手!

帰りは箱根旧街道をドライブ。道すがら、ちらりとですが霧の立ち込める芦ノ湖が眼下に見え、なかなかの絶景でしたよ~。



2016年7月16日土曜日

ドサッと届いた郵便:科目案内いろいろ


金曜日にポストをのぞくのを忘れたので、土曜日の朝(つまりついさっき)もーりーさんに朝食用のパンを買いに行ってもらうついでに郵便をチェックしてもらったら、「なんかデカイ封筒が届いてるよ。ほら、放送大学から」と言って、ずっしり重たいものを手渡されました。なんじゃ、こりゃ?

開けてみると冊子が数冊入っていました。来学期の科目案内のようです。面接授業の案内はすでにウェブでチェックして申請科目も決めているのですが、それが冊子になって届くとは知りませんでした。

一番分厚いもの(薄緑の表紙の)は、南関東の学習センターの面接授業のシラバスが全部いっぺんに見られるようになっています。すごいボリューム!面接授業の冊子は薄っぺらいの(白い表紙の)も入ってまして、それは何だろうと思いましたら、科目名だけ収録された全国版でした。落差にふたたびびっくり。タイトルだけにしちゃうとこんなに薄くなっちゃうんだ(笑)。

それにしても、分厚い方の冊子の表紙、なんだか小学校とかの学級文集の表紙みたいでかわいいですね(笑)。こういう素朴さ、好き。

オレンジ色のは放送科目の一覧で、薄紫のは郵送用の申請用紙。申請はウェブでもできますから、たぶん薄紫のは私は使わないかも。(郵便の方は切手代がかかるし~。)

ONAIRと書かれているのは大学通信。年2回発行だそうです。今年度の新規開設科目の案内などが出ておりました。

2016年7月15日金曜日

サクセスストーリーの立役「植物」

Giant Water Lily (photo from Pixabay)

サブタイトルが「植物からみるヨーロッパの歴史」となっている科目を、ただいま放送大学で履修しています。このテーマってば、いつまででもやっていられるのじゃないか~というくらいネタが尽きなくて、個人的にはものすごく面白いのです。

それで、7月初めに返却されてきた通信指導(レポート)の講評で、一応自分のリサーチの仕方が間違いではなさそうだと分かったので、そのまま一日一題くらいのペースで興味にまかせて調べごとをして、試験に向けた資料作りをしています。教科書はリサーチテーマの凝縮カタログという感じ。たった半年の学期間では当たり前ながら全部はとてもできないけれど、やっていくうちに自分がどういう方向に興味があるのか、どれには興味がないのかが見えてくるのも面白いです。

ちなみに私は、誰かを助けてあげましょう的な、道徳的なこと、社会的なことには、不謹慎ながらリサーチテーマとしては全然興味がわかない…というのが分かりました(爆)。我ながら自分の人間性を疑うけど、本心なのだから仕方がないわい。無理やり手を出して偽善的になるよりは、早いうちに気付けて良かった(笑)…と、開き直っておこう。

では、どんなことに興味があるのかっていうと、サクセスストーリーは単純に面白いです。ディスカバリーの面白さっていうのが、一番単純な興味ではないかと。

やっぱり悲愴な気持ちになっちゃうものは調べててしんどいので、個人的には無理。英文見てるとしても、辞書引く単語が全部ネガティヴワードのオンパレードになると、調べててもどよ~んとして全然作業も進まないし。反対に、明るい話、ワクワクする話だと、はっきり言って作業もサクサク進みます。自分的には作業スピードは2倍は違うのではないかな~と思ったり。

で、今までは人物を中心にやっていたのだけれども、今朝は植物を主役にしてみました。写真はその植物です。南アメリカ原産の巨大な葉をもつスイレンの仲間。これ、こどもの頃に図鑑で見たことありません?葉っぱの上に人(子供)も乗れちゃう!みたいな。そしてこの植物、19世紀のイギリスの、とある庭師のサクセスストーリーに大いに貢献しているのです。

というわけで、今日は大スイレン Victoria regia の歴史を追っております。



2016年7月14日木曜日

厚木あんぱん@デイリーヤマザキ


郵便局へ行った帰りにパンを買おうと寄ったデイリーヤマザキさんで、厚木印のあんぱんを見つけてしまいました。中身はホイップクリームとあんこの半々だそうです。各地いろんなバージョンがあるのかも?

冷やしておいて、もーりーさんが帰ってきたら半分こしようと思います。

もうひとつ、一緒に写っているのは塩バターパンです。これも白いパンじゃなくてブラウンのがあったので買ってみました。白いのは何度か食べたことのあるお気に入りですが、ブラウンのも美味しいです。こちらは先に食べてしまいました。



2016年7月11日月曜日

Coffee Mug of Huey Dewey Louie


ただいまコーヒーブレイク中~♪ (写真は今日のではありませんが。)

おととい相模大野のステスクの雑貨屋さんで、分厚くぽってりした飲み口のコーヒーマグを買ってきました。ヒューイ・デューイ・ルーイのかわいいイラスト入り。

形、重さ、手触りといい、いかにもたっぷりのアメリカンコーヒーと、ドーナツやオールディーズナンバーが似合いそうなマグです。

午後の眠気覚ましに活躍してもらおうと思っています。 



2016年7月10日日曜日

通信指導のレポート:『ヨーロッパの歴史II ('15)』


7月の終わりに放送大学の単位認定試験があります。

単位認定試験の受験資格を得るためには、その前にある通信指導という中間試験に合格しなければなりません。単位認定試験は決められた日に試験会場に出向いて受けるのですが、通信指導は自宅でやります。

択一式のものはWeb受験ができるので、その場で成績と合否が分かりますが、記述式のものはレポートを郵送で提出します。(郵送料はたったの15円!です。)そして、単位認定試験の受験票の発送をもって合否が分かります。

私は今学期、択一式科目と記述式科目をひとつずつ履修しています。7月はじめに二科目分の単位認定試験の受験票は届いていましたが、昨日(9日)レポートも添削付で返ってきました。


2016年7月9日土曜日

枝豆ごはんのおむすび


枝豆はゆでたてをそのまま食べるのがもちろん最高の食べ方ですが、わが家では冷凍枝豆もよく利用しています。

さやから出してあるので、お米と一緒にそのまま混ぜて、うっすら塩味の枝豆ごはんを炊きます。いつもは白ごはん派のもーりーさんも、枝豆ごはんはお気に入りらしいので、わりとよく食卓にのぼります。

余った時には、翌朝こんな風におむすびにします。食べる時にパリパリの海苔で包むと美味しいです。



2016年7月8日金曜日

目に涼しげな、知床ざるラーメン


6月に食べたものの写真の蔵出しから、目に涼しげな【知床ざるラーメン】をどうぞ~。

麺にわかめや昆布を練りこんであるというラーメンです。が、麺そのものの味は普通と一緒。茹でた後つめたく冷やして、一緒についている出汁の効いためんつゆで食べます。つるつるでとっても美味しかったです♪

夏季限定商品とのこと。こちらのです → http://www.kikusui-ltd.co.jp/index.html





2016年7月7日木曜日

夏によく食べるもの


毎週の買い出しで必ず買うものが季節ごとにいくつかあります。夏はミョウガとしらす干し。この二つを和えたものが大好きです!

味つけはちょっぴりのごま油とポン酢醤油で。二つだけの組み合わせでも美味しいですし、その時々でカイワレダイコンやキュウリを追加しても美味しいです。キュウリならサラダ風にボリュームアップにもなります。

炊きたてご飯の上にのせて丼風にしたものも美味しいです。しらすミョウガ丼は、夏のお昼ご飯に火を使わずに手軽にできるお気に入り。



2016年7月6日水曜日

たまには…即効性に頼る


急に暑さがやってきて、先日用事で昼間に小一時間ばかり外出して帰ってきたら、どうも翌日調子が悪くなってしまいました。真夏は短い距離でもバスに乗る方が安全だったかな…?

調子が悪くなってしまった日は諦めてお薬を飲んで半日眠ったら、風邪を引いた時のように汗びっしょり。その日はかなり涼しい日だったのですけどね。涼しい日でしたが、眠っている間に気温が上がると怖いので、緩めにエアコンをかけておきました。枕元には水と、いざという時の塩分補給のために、小さいタッパーにしば漬けを(笑)。

で、そんなこんなしてぐっすり眠れたら、やっと起き出せるように。ま、具合が多少悪くても、なっちゃんのご飯やおトイレをやらなきゃなので起きないとね。

それから自分も軽くご飯を食べて、いつものように洗濯やら掃除やらを始めたけれど、なんだか身体の動きが鈍い。

と、そこで、もーりーさんがずいぶん前にコンビニのくじ引きかなにかで貰ってきたエナジードリンクがたしか冷蔵庫の中にあったな~と思い出しました。賞味期限を確認するとまだ来年まではOK。

飲んでみました。こわごわと(笑)。高麗人参とか書いてありますな。

シャキーン!

あからさまにだるさが取れました。恐るべしカフェインパワー?!なにはともあれ、あって良かったエナジードリンク。これでなんとか夕飯の支度もできます。

たまには…即効性に頼りたい。



2016年7月5日火曜日

買った本、借りた本


先日の土曜日の面接授業の帰りに、地元にある有隣堂に寄りました。2階がビジネス書や専門書のコーナーになっています。「ないものはない」というような超大型書店もじっくり見る時間があれば面白いのですが、バスの待ち時間などに手堅く欲しいものが見つかるぞというような、ほどよい規模と品ぞろえの書店は重宝します。入店して20分くらいでパパッと欲しいものが見つかると嬉しい。


2016年7月4日月曜日

面接授業受講記(2) - 3:『学びなおしの暮らしの中の数学』加々美勝久先生

面接授業の後は、ドーナツとコーヒーで「お疲れさま!」

7月2日(土)は、放送大学の足立学習センターで面接授業を受けてきました。『学びなおしの暮らしの中の数学』の3回目(5~8時限)です。先生は1、2回目と同様に、お茶の水女子大学の加々美勝久先生です。

朝10時に始まり、夕方17時半ごろまで数学の授業を受けました。授業中は楽しくてあっという間と感じたのですが、終わるとさすがに疲れたのか帰りの電車では爆睡(笑)。でもって、地元の駅に着いたらミスドに直行~!糖分、カロリー&カフェイン補給(爆)!バス待ちの間にコーヒーとドーナッツでほっと一息です。ちょうど100円キャンペーンをやっていてラッキーでした ♪

面接授業の感想の詳細は「続きを読む」よりご覧ください。

2016年7月3日日曜日

ひまわり丼


ふと思いついてやってみた「ひまわり丼」。きっとすでにやっている人いるんじゃないかな~と思って検索してみたら、やっぱりたくさんいました~(^o^)。みんな思いつくことって一緒なんだ(笑)。

…と思ったけどよくよく見たら、ドンピシャで同じ発想のもアリ、全然違うのもアリ、でしたが。傾向としては、主婦は同じ発想、プロ(お店)は違う…みたいな感じのようです。ぶっちゃけ主婦の発想の方がかわいいと思う(自画自賛込み・笑)。

ま、それはどーでもいいんですけど。

さて、今回のひまわり丼は小丼でございます。朝ごはんに食べました。肉みそもごはんも残り物をチンしたの。単なるそぼろ丼でもよかったのだけど、卵をさっと炒り卵にして花びらに見立ててみましたよ~♪ 肉みそに味がしっかりついていますので、炒り卵には味付けをしておりません。ネギは別添えで。最初にかけちゃうとひまわりじゃなくなってしまいますからね。

肉そぼろ、炒り卵、プラスでんぶ、とかの三色そぼろって、独身でまだお料理が苦手だった時のお弁当によくやってました。それで結婚してからもーりーさんのお弁当を作るって時にもやろうと思ったら、「食べにくいからそぼろ弁当はヤダ」とまさかのけん制!そんな~。スプーンでも持って行けばいいじゃん!「僕は白ご飯がいいの!」というのが彼の言い分。ハイハイ、分かりましたよ。

ってなわけで、そぼろってわが家じゃめったにやらないのです。だけど私はそぼろ大好き。夕飯に担々麺を食べた時、そぼろをしっかり多めに作っておいたのです。んふふ~♪

酒、みりん、砂糖に、味噌味系の焼き肉のたれで味付けした肉みそです。だから、ひまわり~だなんてかわいい名前をしてますが、けっこうパンチの効いた丼です。


2016年7月2日土曜日

今週のなっちゃん(87)ニャンコは見た!


廊下に出ると、なつこさん(猫)が階段の脇にひそんで何やら真剣な表情で上を見ています。後ろにまわって写真を撮ってもおかまいなし。すっかり何かに夢中です。

ははぁん、なっちゃん、ツバメさんを見てるのね。

わが家の玄関(外側)では、今年2度目のツバメの巣立ちがもう間もなくのようです。


2016年7月1日金曜日

サンポーニャ

サンポーニャ

先日とあるところで「らせん木琴」なるものを見学しました。それで、木琴ってどうやってできているのだろうと気になり、帰宅後に調べてみました。

すると、ネット上にけっこう詳しく説明されているページをいくつか見つけることができました。いくつか見てみると、なるほど、材料の周波数を測定してから、各音階にあうような長さを割り出して作ればいいのか~、というような、おおよその作り方が分かりました。もちろん自分でできるかどうかはまた別ですが。

そこからタイトルにどうやってつながるのかは、「続きを読む」よりご覧ください。