5年目の食洗機の修理


2月22日(水)は、食洗機の修理をしました。「しました」と言いましても、さすがにこれはDIYとはいきませんで、前の日にメーカーさんのコールセンターに電話をし、翌日サービス店の作業員の方が来てくださいました。

写真は修理後のもの。夕方、小一時間ばかりですっかり直していただけました!それで、夜にはまたいつも通り使うことができて良かったです。

サービス店さん、どうもありがとうございます(^o^)

詳細は「続きを読む」からどうぞ。




食洗機の調子が悪くなってしまったのは2月20日の夜です。使っていたら、途中でピピピピピーと鳴って止まってしまいました。表から見ると二つのランプが点滅を繰り返しています。

でも実は今までもこういうことってありまして、翌日もう一度電源を入れると復活してたりしたので、今回も一度はそのまま放置して寝ました(爆)。


しかしながら今回はやり直しがききません(^_^;)

写真ではランプが点滅していませんが、「標準・強力・スピーディ」の三カ所がいっぺんに点いたり消えたりを繰り返し、電源のオン・オフをするとそのたびに稼動しようとするのですけど動かない。

Oh! こりゃもう、本格的にダメなんだ~ orz

ってことで、「ハイ、修理~」となりました。メーカーさんに電話をしてから(21日)、最寄りのサービス店さんからの連絡は私の都合で翌日の朝(22日)にしていただきました。さしてその日はまず点検・見積という手配でしたが、実際に来ていただきましたら、なんと「今この部品ありますよ」とのことで、その場で修理が完了しました。

ラッキーo(^o^)oたった1日で済んじゃった。びっくり!

ま、その話をもーりーさんにしたら、「ちゃんと作業伝票とか出してくれたんでしょうね?」と、ちょっと疑り深さを見せておりましたけど。そりゃワタクシだって、その辺はもちろん抜かりありませんわい。伝票見せたら、ジーっとくまなくチェックしておりましたが。(だから本当は、もーりーさんのいる日にしてもらいたかったんだけどね~。)

作業中もね、なんとな~く手持ち無沙汰で見学しちゃってたんですけど、小さな懐中電灯みたいなのでいろいろチェックしてたりして、扱うものは違うけど、もーりーさんも似たようなことやってるんだろうな~とか、思いました。しょっちゅう小さい懐中電灯買い換えてるもんね。工具も。

基盤とかの故障だったら部品取り寄せ(それでも二日くらいだそうですが)、金額もそれなりに…と聞いていたのですが(この辺の情報は見積に来てもらう前に電話で確認)、今回は食洗機上部のフタのパッキンの剥がれとのことで、フタの取り替えとなりました。

部品・工賃・出張費等を含め、修理代は18576円也(税込)。

それにしても、各家庭に行って、その場の環境で修理作業するのって大変なお仕事ですよね。広さも違うだろうし、周りの物にも気を使うだろうし。私は一応、床の拭き掃除と、食洗機の下の引き出しを空にして外しておきました。それから、食洗機の中もちゃんとキレイに拭いておきましたよ。

作業中はなっちゃん(猫)が恐る恐る覗きに来ては去っていくを繰り返していて、尻尾を下げつつ腰が引けてて面白かったのですが、写真を撮るのは忘れてしまいました。

使っている食洗機はハーマンです。



コメント

人気の投稿