草光俊雄先生のトークショー@本屋B&B(下北沢)①


2月11日(土)の午後は、下北沢の本屋B&B さんへお邪魔しました。

目当ては、放送大学教授(東京大学名誉教授)の草光俊雄先生のトークショーです。昨年末にみすず書房さんから出た、『歴史の工房』という本の出版記念イベントでした。


本屋B&Bさんは、ビア・アンド・ブックス(反対かな?)の意味だそうでして、普段からビールも飲める本屋さんなんだそうな。それでトークショーのチケットもワンドリンク付になっておりました。チケットは事前購入制でしたので、所定のチケット販売サイトで購入しました。ドリンク付で2000円也。

14:30開場で、15:00~17:00までがトークショーというプログラムです。ドリンクは開場と同時にいただきました。ビール以外にもいろいろありましたよ~。イギリスの話題だからパブっぽくビール、あるいはティールーム風にミルクティーを…などとも思ったのですけど、根が心配性なもんで、途中でトイレにいきたくなったら困るわ~と思い、その心配のない赤ワインにしました。

しかし、おつまみなしの赤ワインでしたので、ほろ酔いになって舞い上がってしまい、帰るときに空のコップを片付けるのを忘れ、椅子の下に置きっぱなしにしてしまいました。電車に乗ってから気づき青くなりました…orz お店の方ごめんなさいm(_ _)m(懺悔)


さて、こちらが草光先生の新しい本『歴史の工房』です。新しいと言いましても、中身は長年いろいろな媒体に発表されてきた文章をおまとめになったもののようです。1991年から現在まで。

トークショーの日までに読んでおこうなどと思っていたのですけれど、やはりエッセイとは言っても歴史学者の研究の日々を綴ったもの。素人がそうスラスラと読み進められるものではございませんで、少しずつ少しずつ読み進め、トークショーの日にはまだやっと半分…という有様の私でした。そしてまだ全部は読み終わっておりません(^◇^;)

最後の方の章にこそ自分の一番興味のある植物学のことが書かれていて、順番を気にせず好きなところから読めば良かったな~と。そうしたらもう少し気のきいた質問ができたかもしれないと思うと、チャンスを活かせなかったような気がして返す返すも残念です(^_^;)

トークショーは、松家仁之さん(@つるとはな)の進行で行われた対談形式でした。

と、ここまで引っ張っておいてなんですが、このトークショー、内容がものすご~~~く濃くてですね。とてもいっぺんには書き切れません。

というわけで、続きは明日。(書ききれるかな~…)



コメント

人気の投稿