鎌田東二『超訳古事記』(2009年、ミシマ社)


こどもの頃、家に古事記の絵本があったので、私は古事記に出てくる神話はたいてい、その絵本を読んで知ってるつもりでした。ヤマタノオロチも因幡の白兎も天の岩戸もイザナキ・イザナミも。

その絵本はたしか古事記というタイトルではなく、たぶん、日本のかみさまのお話…とか、そんなようなタイトルだったような気がします。絵もかわいらしさにはほど遠く、あまり好きな絵本ではありませんでした。黄泉の国の、ウジ虫だらけのイザナミのイメージばかりが、ごともの私の記憶の中に、べったりとこびりついていたからです。(絵本の絵を覚えていたのではなく、あくまでもストーリーが自分の中でイメージに変換されていた感じです。)

だから、神さまブーム・古事記ブーム(?)になっても、あんまり興味をそそられなかったのですが、この鎌田東二さんの『超訳古事記』はとても面白かったです。なにしろ、この本の書かれ方が最高にぞくぞくする面白さです。畳に寝転んで、何の資料も見ず、口から(肚から)出るにまかせたものを録音し、それをミシマ社の方が文字に起こした…ってんですから、びっくり!どうりでリズムがいいわけです。声に出して読みたくなる。

『超訳古事記』は、もーりーさんセレクションです。彼が読んでいたものを、あとから拝借して読みました。鎌田東二さんのほかの本も読んでみたいです。


コメント

人気の投稿