青森ひとり旅⑦青森まちなかおんせん(2017/3/31 - 4/1)

青森駅近くにある天然温泉
【青森まちなかおんせん】
http://www.aomoricenterhotel.jp/onsen.html
 
第7回目、青森旅行記の後半です。4月1日の朝は早起きをして、【青森まちなかおんせん】さんに行きました。
 
【青森まちなかおんせん】の入り口

【青森まちなかおんせん】さんは青森センターホテルさんの施設なのですが、日帰り入浴も受け入れています。それも朝6時から!

ここで靴を脱ぎます

入り口を入ると、靴箱がたくさん並んでいます。ロングブーツでしたので、一番下の段に靴をしまいました。朝はまだ靴の数も少なめです。

そして、もう一枚の自動ドアの先に受付があります。券売機で券を買ってお代を支払います。日帰り入浴代は大人450円。レンタルタオルのセットが200円でした。タオルは、バスタオルとフェイスタオルの2枚がメッシュのバッグに入れられており、使用後はフロントにお返しするというシステムでした。色は茶色。

階段の脇には食堂もありました

お風呂があるのは2階。階段を上がると、ここにもねぶたの飾りがありました。

マッサージサロンは11時からのようでした

ホテルとも2階でつながっているようです。ここに泊まるのもアリでしたね~。青森センターホテルのサイトはこちらです → http://www.aomoricenterhotel.jp/

で、肝心のお風呂ですが、脱衣所も洗い場も内湯も広いです~。早朝だったので空いていたというのもありますが、ゆったりのんびり利用できて、とってもよかったです。露天風呂は外気温が低いからか湯けむりがものすごく、本当に真っ白!お湯に入ってしまうまでは、まさにホワイトアウト!って感じでした(笑)。特にまわりに植栽とかがあるわけではありませんが、湯けむりだけで街中だということを忘れさせてくれる雰囲気がありました。気持ちがよかった~(#^^#)

温泉での朝風呂のおかげで、足腰の疲れはすっかり吹き飛びました!

脱衣所にある、日帰り入浴の人用のロッカー
100円を入れて鍵をかけ、使用後に戻ってくるタイプ

入浴後はメイグルなる乳酸菌飲料を飲んでみましたよ~。

国際ホテル近くの様子

通りのお店の開店準備も早いですね!6時半でも店を開けているおじいさんおばあさんの姿をたくさん見ました。店番をしながら七輪で何かを焼いていたり、朝ごはんを食べていたり、etc.

朝の冷たい空気が心地よかったです。


コメント

人気の投稿