青森ひとり旅①新幹線車中~青森駅周辺(2017/3/31 - 4/1)

50品目バラエティ弁当@東京駅「踊」

本日よりぼちぼち、ひとり旅シリーズを書きます。ひとつひとつの記事は長めになりますので悪しからず。

さて、まずはじめは東京駅で買った駅弁のご紹介から。新幹線改札の近くにある駅弁屋さん2か所(祭と踊)をのぞきまして、空いていた「踊」で購入。「祭」の方が断然品数は多いけど、それゆえ朝の8時台からかなり混んでます。私は東京のお弁当にしようと思いまして、空いていた「踊」で買うことにしました。『50品目のバラエティ弁当』というものにしてみましたよ~。お茶も一緒に買いまして、しめて1500円也。

『50品目のバラエティ弁当』を製造しているのは大増さんです。デパ地下で大増さんのお惣菜を買ったこともありますが、この駅弁も裏切らない美味しさでした。お品書きまでついていて、まるでおせち料理のような豪華さ。そして上品なお味です。

那須や足利あたりの車窓からの風景が素敵で、遥かにみえる雪山を眺めながら食べました。

車内販売のホットコーヒーと、旅の行動記録をつける手帳

お弁当を食べおわったところで、タイミングよく車内販売のワゴンがきましたので、ホットコーヒーを購入。お値段は310円でした。

ちなみに、帰りの新幹線でコーヒーを買った時にはコップのサイズを大小聞かれまして、小さい方を購入し、お値段は300円でした。行き返りで同じじゃないのね???

座席背面のフックが気に入りました

席は窓側でした。で、結局ずっとお隣の席は空いていたので、広々乗れて良かったです。グリーン車でもグランクラスでもなかったけど、快適でしたよ(^^) 座席背面のフックが便利で気に入りました。自分のバッグをポケットのように使えたのが良かったです。


《余談メモ①》

今回のひとり旅は、悩んだけれど一眼レフは持たず、荷物を軽くするためにコンデジとスマートフォンのカメラで写真を撮ることにしました。

盛岡駅到着の直前

この写真は盛岡の風景です。盛岡に来ると、ぐっと山の距離が近くなりました。ここを過ぎたあたりから、車内でも空気がサーッと冷たくなり、気温が下がったのかな?と感じました。

新青森駅到着間近

外の景色にも残雪がちらほら見られるようになってきましたし。

ブーツの中は靴下の重ね履きをし、
大判ストールは膝掛けにもマフラーにも活用

で、盛岡から新青森までの間は、ストールを膝掛け代わりにして、ブーツの中にはタイツの上から靴下を重ねました(笑)。防寒!

見た目は春らしくなるように薄手のコートを着ました

そのわりには上着は春用です。いよいよ新青森駅に到着です。


《余談メモ②》

上着は寸前まですご~く悩みました!初青森なので、3月末の寒さがまったくイメージできず。ダウンの方がいいかな~と思ったのですが、行きの東京までの電車の暑さと混雑を想像したら、ダウンはもう絶対に私にはムリ!と思い…(笑)。中にウールのワンピースとカシミアのカーディガンを着て、コートは薄くすることにしました。そして足元はロングブーツ。

もちろんジーンズも考えましたが、3時間超えの座りっぱなしなら、ワンピースやスカートにしようと。というわけで、珍しく二日間ともスカートで過ごしました。

正直、青森に着いたら、薄手のコートではストールをマフラーのように巻かないと寒くてしかたがありませんでしたが、なにしろ屋内はどこもとても暖かかったので、カーディガンなどで調節できたのは良かったです。

それに案外、屋外でも地元の方はすでに薄着っぽかったです。ダウンとかロングブーツの人とか、ほとんど見かけませんでしたよ~。二日目にお会いした方もストッキングとパンプスでしたし。寒さ慣れしているのかな?

新青森駅(新幹線)

さて、新青森に到着~。東京駅を9時半ごろ出て、新青森駅には12時半ごろ着きました。

新幹線から在来線へ乗り換え@新青森駅

目的地は青森駅なので、在来線(奥羽本線)に乗り換えます。

押しボタン式の車両扉(奥羽本線)

12時50分台の列車です。扉は押しボタン式で、自分で開閉するようになっていました。冬の雪や寒さ対策でしょうか。ジャージ姿の女子学生さんがたくさん乗ってきました。春休みの部活かな?

奥羽本線・青森駅

乗車時間わずか5分程度で、青森駅に到着~。予定通り、13時に青森駅に着きました。東京駅からの、新幹線と在来線の乗車時間は3時間半。


《余談のメモ③》

自宅からだと、お弁当を買ったりしたのを含めて、たっぷり6時間かかりました。小田急線の平日の激混みを避けるため、快速や急行はやめて、ちょっと時間はかかるけど準急に乗りました。おかげで新宿までは座れて眠れたし、荷物も気にしなくて済みました(笑)。帰りは楽なロマンスカーにしました。

青森駅の駅舎から見える港の風景

駅舎の窓からの風景です。目の前が港になっていました。このエリアは二日目に遊びに来ましたよ(^^)

左手に見える車両は『青い森鉄道』です。ここのキャラクターは、なんとモーリーというそうです(笑)。

青森駅の階段

駅の階段に「ねぶた」を発見!

青森駅に置いてある『あおもりお土産ガイド』

階段を降りたところには、『あおもりお土産ガイド』というパンフレットがあったので、一部いただいてきました。

青い森鉄道の切符売り場

先ほど見た、『青い森鉄道』の切符売り場を発見。この列車に乗ると、浅虫温泉や八戸、星野リゾートの青森屋がある三沢などに行かれるようです。

二日目の予定をまだ決めていなかったので、この『青い森鉄道』や、JRバスのチケット売り場などを一応チェックしておきました。結局、今回の旅では、青森駅からの遠出はしませんでしたが。

青森駅東口を出て、左手方面にあるコインロッカー

ホテルのチェックインが14時からでしたので、駅の脇にあるコインロッカーに荷物を預け身軽になって、しばし青森散策をすることにしました。

次回は『善知鳥神社』をお届けします。お楽しみに~。


コメント

人気の投稿