ペパーミント・ジンジャー・ティーで朝の目覚めはスッキリ爽快!


今までハーブやアロマテラピーの記事は別のブログに書いていましたが、こちらでも取り上げていくことにしますね。なぜなら、ハーブもアロマテラピーもすっかり私の日常でして、なんら特別なものではないからです。

ハーブ&アロマテラピー専用ブログ『Fairy Tales』はこちらです → http://fairytalesbysana.blogspot.jp/

あとね、今まで、一度書いたものはもう書かなくていいと思っていたのだけど、そうじゃないんだな~ってことに気がつきましたので、これからは同じことも何度も登場するかもしれません。

考えてみれば、生活って繰り返しですもんね。もちろん、同じことでも去年と今年は違うってなるわけだし。何度も同じネタが出たっていいのよね。

----------
さて、前置きが長くなりましたが、ここからが本日のメイン。
----------

月曜日のまとまった量の雨が上がったと思ったら、まだ四月も半ばなのに気温がぐーんと上がり驚いています。セーターもしまっていないし、寝具も冬用のままなのに、初夏になってしまったみたいですよね。

そんな暖かな日の朝は、冬の間に毎日飲んでいたミルクティーをお休みにして、ペパーミント・ジンジャー・ティーを煎れました。ウェッジウッドの1814という名のドライ・ジンジャー入りの紅茶に、ドライ・ペパーミントをひとつまみ加えてみましたよ。

ストレートでも美味しいですし、ちょっと甘味を足しても美味しいです。ペパーミントって、お砂糖との相性がすごくいいハーブなのですよね。甘味を加えると、グッと味が引き立つの。だから必ず、最後の一杯はお砂糖を加えて飲んでいます♪ 最初の一杯よりもお茶そのものが濃くなっていますから、ストレートのままよりも、お砂糖を足した方が飲みやすくなりますしね(^^)

ペパーミントティーを朝に飲めば、眠気をスッキリ覚ましてくれます。爽やかな香りで鼻の通りも良くなりますよ~。あと、ストレスフルな環境に身を置いていらっしゃる方には、ペパーミントは過敏性腸症候群にもよろしい、とも言われているようです。

朝は時間がなくてハーブティーなんか飲んでいられない!ってな方は、夜にそういう時間を取りたいですよね。

で、ペパーミントを夜飲むのならカモミールと合わせることをオススメします。(これ、大事なポイント。)

就寝前は、ペパーミントだけや紅茶とブレンドしちゃうと、ハーブの性質や紅茶のカフェインで目が覚めちゃう(= 眠れなくなる可能性がある)のです。

だから、就寝前のペパーミントの単品利用や紅茶とのブレンドはオススメできないのだけど、不思議なことに、ペパーミントもカモミールとブレンドすると、就寝前に飲んでも大丈夫なんですよね~。

むしろ、安眠によいとまで言われています。

私も時々、ペパーミントとカモミールのブレンドティーを飲みますよ~。ブレンドすると味わいもマイルドになって、飲みやすく美味しいです。どうぞお試しあれ。

あ、ハーブティーは、ティーバッグのものでももちろんOKですよ~。私は、ティーバッグは旅行の時にも、ペパーミントとカモミールの二種類を持って行くことが多いです。


コメント

人気の投稿