わが家の庭から (123) オダマキ、コデマリ、ブルーベル、バラ、ホメリア、モミジ、朝霧草、ギボウシ


皆さま、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか。連休中はなかなかブログを更新する時間がとれないのですが、花はどんどん咲いては散っていき待っていてくれませんので、「わが家の庭から」をお送りしようと、スマートフォン片手に庭に出て、写真を撮りました。

まずはオダマキから。咲き始めてから1週間くらい経っているので、4月末開花という感じではないかと思います。半日陰でよく育ちます。

カシワバアジサイの苗の根元にオマケで生えていたオダマキが、今やどんどん殖えています。そのおかげで淘汰されて生えなくなってしまったものもあるほど(笑)。ま、しょうがない。


コデマリもただいま満開です。日陰っぱく写真では写っていますが、時間帯的にたまたまポストを影になっているだけでして、ほぼ日中、日当たりの良い場所に植えてあります。

どんどん大きくなるので、わりと遠慮なく好みの樹高に切ってしまっていますが、それでもよく咲くのが良いです。枝垂れるような形がかわいいです。


ブルーベルも控えめに咲いています。4月の下旬くらいから咲き始めました。ブルーベルの後ろに見える小さい葉っぱは、ペニーロイヤルミントです。グランドカバーのようによく広がっています。とてもいい香り。


バラも咲き始めました。ちょっと花びらが汚れてしまっていますが、マーガレット・メリルです。いい香りのするバラです。


こちらは球根を植えっぱなしにしてあるホメリアです。細々とですが、毎年咲いていますね。シューっとひょろ長い茎と葉をもつ花なので、庭の面白いアクセントになっているみたい。これも4月の終わりから咲いています。


花ばかり紹介してしまいますが、花の咲かない樹木もあります。緑の葉のモミジ。たくさんの葉が涼しげです。夏の西日も、このモミジが遮ってくれます。


赤い葉のモミジもあります。緑のモミジより生長がゆっくりの様子。日当たりが悪いと葉が緑になってしまうのですが、ようやく日に当たりやすい大きさになってきたので、赤い色を保つようになってきました。


最後は朝霧草とギボウシです。これも一回植えれば、何もせずとも毎年ちゃんと生えてきますね~。朝霧草に至っては、年々大きくなってきたし、こんもりとした丸い形もだんだん良くなっているように感じます。

以上、2017年5月5日現在のお庭の様子でした。



《反省点もアリ》

今年はボタンは咲かなそうです(^_^;) ボタンってシャクヤクに接ぎ木して作る花なので、根元から毎年シャクヤクの芽が出るのです。それを早めに刈り取らないといけないのですが、今年はその作業が遅れてしまったら、栄養をそっちに取られてしまったようで、ボタンのつぼみが枯れてしまいました。

来年からはよくよく気をつけて、根元から出るシャクヤクの新芽はサッサと取らないと。あの大きな花が今年は見られないなんて残念!



コメント

人気の投稿