面接授業受講記:冷房中は暖房中 - 熱の物理(庄司雅彦先生)二日目@多摩学習センター


6月4日(日)は、5月28日に引き続き面接授業の二日目でした。前回は相模線を使って多摩学習センターまで行ったのですが、今回は新宿経由で行くことにしました。

しかしながら、ただでさえ本数の少ないわが家方面から本厚木駅までの路線バスが、週末になると一時間に二本になるので、目当ての電車は7時40分過ぎなのに、そのために乗るバスが6時40分台というとんでもないことになりました(笑)。

ミロードのカフェが早朝から開いててくれて助かりました。エ・プロントさんで一息です。朝の7時過ぎはお客さんもまばら。


さて、9時過ぎには多摩学習センターに到着。なんとなくこの日の朝も、まずは学生控え室にお邪魔しました。

すると…

あら?今まで気がつきませんでしたが、お食事処マップなるものが掲示されているではありませんか~。これを見ると、なんと近くにおうどん屋さんがあるらしいと判明。

さっそくバーチャルキャンパスに投稿しましたところ、そのおうどん屋さん情報を写真つきでお知らせくださったり(うどん屋・武)、もうひとつのお店(むぎきり)を教えていただけたりしました。みなさま、ありがとうございます(^o^)


とは言いつつも、この日はいつも通りお弁当持参でしたので、おうどん屋さんには次回お邪魔したいと思います。

二日目もまた中庭のテーブルで食べました。心理学実験を受講中という方とお話しましたよ~。


授業は前回の続きからでしたが、もうひとつ新しい資料も配られました。そして、「前回の終わりに回収した質問用紙に、『いつになったらタイトルに関わる話の説明があるのか?』というご質問がありました」と先生はおっしゃられ(ここで教室は爆笑)、まずはそれからやりましょうということで、“冷房中は暖房中” の例についてのお話からスタートしました。

エアコンに限らず、冷蔵庫も中を冷やすとその外側が温まるとか、逆に冬場の暖房で部屋の中を暖かくすればするほど外が冷えるとか、そんな例をやりました。

たしかに、冬になったり夏場にエアコンをかけて床面に冷気のたまる時は、ネコは冷蔵庫の上が温かいらしく、昇っていることが多いのですよね。あと、夏場のクーラーの時にはエアコンの室外機から熱い風が吹き出ていて、冬場の暖房の時にはエアコンの室外機からは冷たい風が吹き出ていますよねぇ。

というわけで、どうしてそういうことになるのか?を、熱の物理として学びました。(熱力学の第一法則、第二法則、エントロピーなどなど。数式の説明もモチロンあり。)


また、同じく前回の終わりに回収した質問用紙で「先生のご専門は何ですか?」と質問した方がいらっしゃったようで、先生が学生さんだった頃の物理の授業のお話や研究のお話なども聞くことができました。なるほど、そーゆー質問もアリなのね(笑)。

庄司先生は、以前はX線検出の素子(硫化物)を作ったり、学生さんだったころは高分子の相図予測システムというのを描いたりしていたそうです。(温度を上げるとゼリー状になる物質について、など。※実験をやってたわけではなく、設計みたいなことをやっていたとのことでした。)やっぱり、化学と物理って混ざったところがあるのですね。

で、普通の物理の授業は数学的な感じで数式の展開ばかりを扱うことが多いけど、それだとその場では必死に板書を写すばかりで、実際理解なんてなかなかできません…とおっしゃられ、なのでそうではなく、歴史的背景を解説する授業をやっています、とのことでした。背景を知ると、あとから数式の意味もだんだん分かるようになってきます、と。

それから、「教科書との相性もありますから、一冊読んで分からなくても、物理が分からないと思わないでください。それはその教科書が自分には合わないのだと考えて、別なものをまた読んでみてください」とおっしゃられたのもすごくいいなと思いました。


二日目に新たに配られた資料の最終ページにはエンジンの性能というスライドがありまして、そのデータがなんとG-TRのものだったので興味シンシンだったのですが、残念ながら時間切れで、このデータのお話は聞けませんでした。

帰宅後モチロンもーりーさんに「こんなん出てた!」と見せちゃいましたよ~(^o^) 「おお!G-TRじゃん!何の授業 ?どんな話やった?」との反応でした。


さて、最後は面接授業・三種の神器です(嘘)。決してアウトドア授業を受けたわけではないのですが、私ゃこれを持っていったのですわよ~。一日目の反省から(笑)。

長時間座りっぱなしなので、お尻は痛くなるし、足はだるくなるし。エコノミー症候群予防対策をせねば!と(笑)。

ニスモの座布団は椅子の上に敷いて(裏返してましたけど)、折りたたみ椅子は机の下においてオットマンとして使いました。二日目はエアコンがかかっていたので、団扇の出番はありませんでしたが。

おかげさまで血の巡りもよかったのか、眠気もそれほど来ず、助かりました(笑)。次回もこれらを持って行こうと思っています。ハハハ!

で、ニスモの座布団を持って行ったらG-TRのデータが出てたから驚きました。やっぱりあのデータのお話も聞きたかったですね。

庄司先生は、面接授業を受け持ってから今年で5年目だそうなので、来年は1年お休みせねばならないそうです。残念ですが、次に授業をやる機会があればまた別のテーマを考えるとのことでしたので、それを楽しみに待ちましょう(^_^)/

とても楽しい熱力学の授業でした。庄司先生、ありがとうございました!


コメント

人気の投稿