東大農学部のレストランでランチ:アブルボア@根津


7月8日・15日と二週間に渡って土曜日の午後に, 放送大学の面接授業で東大の研究施設にお邪魔しました。てっきり本郷三丁目から行くのかと思いきや, 最寄り駅は根津だとのこと。千代田線は小田急線との乗り継ぎが良いので通うのはとても楽でした。

14:10~の講義でしたので, 根津でお昼ごはんを食べてから行こうと, めぼしい店を事前に調べていると, なんと, 目的地のすぐ近くに東大農学部のレストランがあるというではありませんか。日曜日はお休みだけれど土曜日ならOKというのをしっかり確認して, 12:30には根津に着くようにと出掛けました。

★アブルボアさんのオフィシャルサイトはこちら→http://www.abreuvoir.co.jp

この写真の右手方面が根津駅

根津駅を千駄木寄りの改札で降り, 言問通りを東大方面に進みます。道路の右側を進んで下さい。坂を昇りはじめる手前あたりで右折。目印は写真のバーです。そして突き当たりを左折。


住宅街をしばらく進むと異人坂があります。(けっこう急な坂。)ベルツが歩いたのかしらん?などと思って文京区の掲げたプレートを読むと, まさしくズバリ, ベルツの名前が書かれていました。不忍池にお散歩に行っていたのですね。

このエントリーのカテゴリも「上野」エリアにしたのですが、根津駅を降りると正面には「上野動物園500M」などと書かれていたりします。


異人坂を昇りきると, 目線の先に黒い門が見えてきます。この門がレストラン「アブルボア」さんの裏門。右にあるインターフォンを押すと, お店の方が門の鍵を開けてくれます。ここはレストラン以外にも, バーや, 大学教員のための宿泊施設があるのだそうな。

珈琲つきで1080円

メニューはどれもだいたい千円前後の様子。8日にお邪魔した時には, 日替わりの9種盛りランチをいただきました。ごはんは白米か玄米を好みで選べます。玄米にしました。味噌汁、サラダ、それから生姜の入ったお茶が一緒に出てきました。なかなかのボリュームで, すっかり満腹!とても美味しかったです。


食後に珈琲もいただきました。これもとっても美味しかったです。


15日は別のものを食べてみようと, 鶏ムネ肉の黒酢あんを注文しました。ごはんはこの日も玄米を。

珈琲つきで1080円

鶏ムネ肉は徳島の阿波雄鶏というブランド鶏だそうで, かみごたえのある味わい深い鶏肉でした。とても美味しかったです。また, トマトもなんだかすごく美味しかったです。普段, 実は生のトマトはちと苦手なのですが, ここのは全く青臭さがなく, 美味しかったです!

そしてぞうさんのお皿もかわいかったな~。


食後には再びホット珈琲をいただきました。


店内はアフリカンな内装で, 外はぐるりと木々が茂り, 都会のレストランだということをすっかり忘れてしまいますね。この裏庭ではスズメの他もアゲハチョウやトカゲの姿も見かけましたよ~(^^)

ひとり客でも居心地の良いお店です。また是非お邪魔したい。ほかにも美味しそうなメニューがたくさんあったので。

帰りも裏門からお願いしますというと、門の鍵を開けてくださいます。


コメント

人気の投稿