仕事の道具を手作りする


「なきゃ、作る」のDIYシリーズです。7月30日(日)の午後、もーりーさんはホームセンターでなっちゃんの餌を買うついでにマイナスドライバーを2本買ってまいりまして、「今からこれを加工するけど、ここでやってもいい?」と。

キッチンのガスコンロの炎でマイナスドライバーの先端を熱してから耳かき状にカーブさせ、それをヤスリで削り、最後にピカールで磨いて出来上がり。

なんですか?これは?


仕事で物をバラす時に、その物に傷をつけずに外したいものだけ外すのに使う道具なのだそうな。ちょうど良いサイズや使い心地のものが市販ではないから、みんな自分の仕事に合うように道具も手作りするものなのですって。

小さな部分を削るのに、夕方になったら手元が暗くて見えにくいと、アウトドア用のヘッドライトを持ち出してきました。


「どこにある?」と聞かれたので、「リュックサックや三脚のしまってあるところになければ、クローゼットの中の手袋やレインコートをしまっている引き出しの中かな?」と答えると、引き出しの中にあったみたいです。

アウトドア用品って本当に便利。コッヘルもヘッドライトも、家の中でも使ってしまうわが家です(笑)。

「ピカールもあったよね?」「さあ?あるとしたら工具箱の中以外ないよ」という会話も交わされました。

あたしゃ、ドラえもんかい(^◇^;)


コメント

人気の投稿