卵ひとつで作るお砂糖なしのプリン


卵は良質のタンパク質源だそうで、また、一日いくつも食べるのはNGというのも今は昔のお話で、最近じゃコレステロール云々は考えず二つ三つ食べても良いのだそうな。

とは言うものの、小学生の時にすでに母親に「毎朝たまご焼き食べるのは飽きた!もう食べたくない!」と言い放ったワタクシ(笑)。卵料理は好きだけど、正直、毎食どころか毎日なんてムリなのよ~💦

ところが、ふと思いつきました。食事の時に食べたくなくても、おやつにしたら食べたいかも?なんてったって別腹だもの(笑)。茶碗蒸しだって砂糖なしで固まるんだから、プリンもひょっとして砂糖なしでもできるんちゃうの?

ジャーン!大当たり~✨砂糖なしプリン、カンタンにできましたわ~❤

食べるときにほんの少し蜂蜜をたらしていただきます。これなら家庭で作るプリンに砂糖が入っている必要なんてまったくナーシ!低糖質デザート(?)の完成です♪


作るのに特別な道具もいりません。お鍋に湯をはって、プリンの容器を並べてフタをして蒸すだけです。

あまり強火にすると容器が沸騰の勢いで転げてしまうので、そこは要注意。鍋底にも布巾等を敷いておくと、容器がカタカタいうのも防げます。私はキッチンペーパーを何枚か重ねて敷きました。


容器は、モロゾフさんのミニプリンの耐熱容器をとっておいたものです。これ、線のところまで入れると90gなのだそうな。ということは半分くらいまでしか入れなかったので、45gのプリンができたって感じですかね~。

容器のサイズは内寸で直径5cm、高さ6cmという感じです。似たようなものをお使いください。

蜂蜜は栗の蜂蜜をかけております。小さじ1杯くらいかな?ビターな甘みがカラメルソースに似てなくもない。微量のカラメルソースを作るのは難しそうだけど、栗の蜂蜜を上からかけるのならカンタン(^^)

そして、充分美味しいです❤


プリンの材料は卵と牛乳のみです。

牛乳は成分無調整を使いました。卵ひとつにたいして牛乳125mlです。目の細かいザルで漉してからプリンの容器に入れます。

香づけには、バニラオイルとコアントロー(ラム酒)をほんの少し加えました。蒸し時間は10分です。


卵ひとつと牛乳125mlで、約45g(と思われる)プリンが四つできました。

すぐに食べないものはあら熱をとってからラップをして冷蔵庫に入れてOKですが、お砂糖なしなので保存はききませんから、なるべく早めに食べましょう。

わが家は二人家族なので、四つで二日分のおやつという勘定です。もう少し一つの容器にたくさん入れて、二つにしても良かったかも。

コメント

人気の投稿