マロンは栗にあらず(心屋仁之助さんのPodcastのお話)

こちらの写真は自分のブログの昔の記事からピックアップしたものなのですが、マロンクリームとフランス語で書かれたペーストを使って、モンブランを作った時のものです。

ずっとマロンクリームは栗のペーストのことだと思っていたのですが、フランス語でマロンというのは、栗のことじゃないんですって(驚)。

マロンとはマロニエの実のことで、マロニエ=トチだそうな。つまり、マロンとはトチの実のこと。私、トチの実なんて食べたことないと思っていたけど、これで何度も食べてたのね~(笑)。

CREME DE MARRONS DE L'ARDECHEで作ったモンブランのお話はこちら→
https://dolcevita-sana.blogspot.jp/2007/11/creme-de-marrons-de-lardeche.html


どこでその話を知ったかと言いますと、さっきアイロンがけをしながら心屋仁之助さんのPodcastを聞いていたら、そんな話題が出てまして。ええ~!と驚いて、さっそく川竹先生の『いっそイラスト・フランス単語帳』(小学館,2005年)で確認してみますと、あら~、ほんまや!栗はマロンちゃうやんけ~!と(笑)。

栗の木→シャテニエ
栗の実→シャテーニュ

なんちゅう、生まれてこのかた一度も聞いたことのないような単語が出ておりました。びっくり。

「じゃあなんで日本では栗をマロンと呼ぶんや?マロングラッセはなんなんや?」ちゅうお話は、仁さんのPodcastをお聞きくださいませ~(笑)。第83回の放送にこの話題がありますよ。毎回とても面白いです。ガハガハ笑っておられます。

★仁さんのPodcast『心屋仁之助の本当の自分をみつけるラジオ』はこちら→http://podcast6.kiqtas.jp/kokoroya/


仁さんのことは今年の4月に青森に行った時に出会った人々から教えてもらいました。子宮委員長はるちゃんのトークショーに行ったら、そこで何人かの人に、「心屋さんは(読まないの)?」と聞かれ。

その時はまだ、私は心屋さんのことを知りませんでしたので、旅行から帰りましてから本を二冊読んでみました。それが上の二冊です。

ネコになるなんていいよね~(o^^o)なりた~い!ゲス女もフムフムという感じでした。BBQで肉焼かない女性ってゲスいのか~(笑)。焼いたことない。そーゆー時は食べるの専門だもん。(もっとも、BBQって実家でしかやったことないけど。)


で、個人的には悩みとかないので、その後は読んでいなかったのですが、ダイエット本も出していると聞き、11月に読んでみました。おお~!私の解決したいことあった!という気分。ダイエット~(笑)。

ダイエット本も切り口が違って面白かったので、もう一冊お金の本も読んでみました。ま、お金にも困ってはいないけど(ありがたやありがたや)、どんなこと書いているのかな~と。

これは『すぴりっち』という穴口恵子さんという方のPodcastに、心屋夫妻がゲスト出演されたのを聞いて、そこで仁さんが「うちの奥さんのお金の考え方を本したもの」と紹介していたので興味を持ちました。

★心屋智子さんのブログも素敵✨こちら→
https://ameblo.jp/scene-nya

お金は使っても案外なくならないし、使わないように我慢しているつもりでも、案外いつの間にかなくなっている…なんてことについて書いてあったよ。本当にそうだよね~。

仁さんのブログも面白いです。いろんな人のコメントをピックアップして、ブログ上でカウンセリングの大盤振る舞いしてますよ~。それを読んでいるだけで、自分も驚いたり感心したりと楽しい✨

★心屋仁之助さんのブログ『心が風に、なる』はこちら→https://ameblo.jp/kokoro-ya

では、これから夕飯の支度をしまーす。

コメント

人気の投稿