フェイクファーを自分で編む:ハマナカ「Lupo」


今日も早めにブログの更新をします。こちら、ただいま編んでいる二つ目のプロジェクトでございます。フェイクファーを編んでいるのですが、編み進むにつれて華やかになるので、気分がめっちゃ上がります✨

ワインレッドのリブ編みマフラーだけだと飽きてくるので、もうひとつラウンドスカーフ(スヌード)も編んでいます。このスヌードはハマナカさんのブログで紹介されていたもので、編み図も無料公開されていたので、そのままリンクから毛糸と指定の輪針を注文・購入しました。

ひたすら輪針でメリヤス編みをするというものなので簡単です。主に夜、テレビを見ながら編んでおります。前半部分は、段数リングを10段ごとにつけてます。


後半はフェイクファーの糸を編みます。初めて挑戦するので、糸を変えた後の一段はドキドキでした。上手く編めるのかな~と。

でも、初めに糸を出す方向だけ指示通りにして、あとは普通に編み進めるだけで、ちゃーんとフワフワのフェイクファー状態になりました✨面白い!

フェイクファーの糸を編んでいる時は、段数リングを5段ごとにつけてます。あとから段数を数えるのが難しそうなので。5段くらいならたいてい一気に編めるし、万が一、中断してもだいだいの幅であとどのくらいと分かりやすいので。


使っているのはLupoという糸です。私は見本と同じ色を選びましたが、赤や緑など、かなりビビッドな色合いもラインナップされていましたよ~(^^)

Lupoは芯の部分の糸はかなり細いのですが、そのまま前半のソノモノという毛糸と同じ号数の輪針で編んでいます。(12号)


こちらは、今回使っているプロジェクトボックスです。フェイクファーのスヌードとワインレッドのリブ編みマフラーの両方がこの籠に入っています。

靴下とかだともっと小さいトートバッグなどを使っていますが、今回は二ついっぺんに入れられるように、籠にしました。ちなみにこの籠は、ふだんは家具の引き出し代わりになっております(笑)。

こうして製作中のものを入れておくと、籠ごとテーブルやソファーに持っていけるので、好きな場所で編むことが出来ます。また、編んでいる最中も毛糸玉は籠の中に立てておけるので、糸がスルスルと引っかかり無く出できてくれて編みやすいです。

あまりにスムーズな糸の動きなので、フェイクファー糸の一玉目は、あやうく終わりに気づかず編み進んでしまうところでした(^◇^;) 「オットット!もうおしまい?!糸を足さなきゃ!」と(笑)。編みながらテレビに夢中になりすぎたかしらん??ハハハ~

あとは、段数リングをつけながら、なっちゃん(猫)がジャレにきたら籠に収めて中断~、ということもしばしば。ハンカチはホコリよけというよりも、実は猫からの防御用です(笑)。編まない時間にもフタ代わりにハンカチを被せておきます。


ちなみにこちらが完成イメージです。ダウンロードした編み図の一部をスクリーンショットで切り出しました。

これと同じ写真をハマナカさんの『あみゅ~ずブログ』で見ました。ブログ記事から編み図のダウンロードや、材料購入へリンクされていますので、ご興味ある方はのぞいてみてください。

★ハマナカさんの『あみゅ~ずブログ』のフーディースヌードの記事はこちら→http://blog.livedoor.jp/amuuse/archives/51979461.html


さて、ここからは自分の記録です。フェイクファーの話題でキラキラと盛り上がったところ申し訳ないくらい、書いてる人(=編んでいる人)は地味で失礼~(爆)。今日もまだノーメイクだし(笑)。

まぁ、相変わらず寒いですね。今朝はベージュのカシミアのタートルネックセーターに、Levi'sのウォームジーンズを履いて、中綿入りの紺色のベストも着込みました。

裏起毛じゃなくても、スキニーのウォームジーンズならまぁまぁ暖かいようです。昨日のボーイフレンドジーンズは寒かった!あれは失敗。しばらく履けないかも(^。^;)

コメント

人気の投稿