あつぎ寄席:柳家さん喬・三遊亭円楽二人会@厚木市文化会館(と、サガミの松花堂弁当)


本日2月24日(土)は、楽しみにしていた年に一度のあつぎ寄席の日でした。毎年2月3月とふた月続いて行われるこの落語会、今年の2月は笑点メンバーからは三遊亭円楽師匠、落語協会からは柳家さん喬師匠が厚木市文化会館の小ホールにいらしてくださいました。

チケットは完売御礼とのこと。私は昨年の秋に市民向けの先行発売で、ペアチケットを購入しており、今回は、落語は初めてというお友達を誘って、女二人で出掛けてきましたよ~。

落語は初めてだった友人も、終わった後に「すごく面白かった!」と言ってくれたので良かったです(^^)

以下、簡単にレポートを。


あつぎ寄席は、13時開場の13時半開演。早割チケットを購入したにもかかわらず、席は後ろから二列目でした。

前座さんは三遊亭じゃんけんさん。兼好師匠の二番弟子さんだそうです。早口の江戸弁で『子ほめ』を聞かせてくれました。

そしてお次は私のお目当て、さん喬師匠のご登場。一緒に落語会をやる円楽さんが笑点でお茶の間に有名な方なので、ご自分のことを「無名の」だなどと紹介して笑いを誘っておりました。

また、先代の小さん師匠のお宅での修行時代のお話をマクラでされており、おちゃめな嘘をついておられたのもおかしかったです(笑)。(内容はヒミツ。)

さて、かかったのは『井戸の茶碗』です。私はこの噺を、さん喬師匠のを聞いて好きになったので、大本命が聞けて大変嬉しかったです✨たくさんの人物が出てくる噺を聞くのは、やはり落語の醍醐味ですね!演じ分けの名人芸を生で聞けて大満足でした。

さん喬師匠の独演会とか、お邪魔したいな~。聞きたい噺がたくさんあります。でも『井戸の茶碗』が聞けて本当に良かった!

友人も、「すごくいい噺だったね~」と喜んでおりました。


仲入りの時はロビーに出てお茶を飲んだり、トイレに行ったり。ロビーには昨年のあつぎ寄席「よったり」でいらした四人の噺家さんのサインが飾られておりました。(残念ながら昨年のこの落語会のチケットは取れず、私は見てませんが。)

後半は、色物の鏡味味千代さんの太神楽から。美人さんの登場です。テレビではほかの方のこうした芸を見たことはありましたが、生で見るのは初めてで、バランス芸の時はハラハラドキドキしました。もっと間近で見たかった!

傘回しでは客席からお一人チャレンジという場面もあり、手ぬぐいをいただいておりましたよ~。芸人さんの手ぬぐい、いいですね!味千代さんのはどんな柄だったのでしょうか。

そしてトリは円楽師匠。歌丸師匠をネタに、マクラからブラックな笑いが炸裂。昇太師匠のときも感じましたが、テレビの芸という雰囲気のまま、スピード感が円楽師匠もありますね~。ポンポンポンポン行く感じとでもいいましょうか。

噺も現代的なお色気❤含みの新作をかけまして、聞きながら、ご自身の作なのかな?新作の力量もすごかったんだ?と思いましたら、文枝(三枝)師匠の『読書の時間』という噺でした。

そこに、円楽師匠版アレンジが加わって、笑点メンバーがたくさん本名で登場し、それに気づいた瞬間、私はのけぞって笑ってしまいました。タノウエ、イエイリ、アマノ(笑)!しかも、エロネタの主人公にアマノを持ってきているあたり、芸が細かい(アマノさんは小遊三師匠の本名)。ヤマダ、タジカ、トヨタもいたような気がするんだけど、エビナはいたかな???

なーんて(≧▽≦)

かなりオタクな笑いを提供していただいて、これまた大満足の一席でした。

今回も、さん喬師匠の古典と円楽師匠の新作という、キャラクターも内容もまるで違うお二方の高座を楽しめてとても面白かったです。落語が初めてだった友人も、その芸の幅の広さを実感できたようでした。あつぎ寄席は本当に毎回いい組み方をしてくださいますね!


今回からはパンフレットのようなものもいただきまして、裏には落語の演目の種類解説も印刷されておりましたよ(^^)

落語に興味はあるけど…という方は、毎年やってるこのあつぎ寄席を、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか~🎵

ちなみに来月は春風亭一之輔・橘家文蔵・古今亭菊之丞の三師匠方に、講談の一龍斎貞橘さんという顔ぶれで「よったり」があります。

★厚木市文化会館のサイトはこちら→https://atsugi-bunka.jp/


落語会の前には、友人と文化会館の向かいにある和食系ファミレス「サガミ」さんで、松花堂弁当を食べました。

そして、そのサガミさんで予期せぬ出会いが!


ジャジャジャジャーン✨

なんと、ケンミンショーで見て以来とっても気になっていた、岐阜県の名宝ハムがメニューにあったのでした。しかも、松花堂弁当のサラダにも使われていた❤

思わず店員さんに、「あ!これも、もしかして名宝ハムですか?」と聞いてしまいました。ニコニコして「そうですよ~」とのお返事をいただきました。

美味しい~!テレビで言ってた通りの食べごたえ!今度、自分でも一本丸ごと買ってみたいです(笑)。

(と思って名宝ハムのサイトをのぞいたら、なんと名宝寄席なるものをあちらでもやっているじゃあございませんか・驚)


サガミさんは厚木市文化会館の目の前なので、開場時間までノ~ンビリ、珈琲まで楽しめました。

お会計は松花堂弁当と珈琲で、ひとり1650円くらいでした。お蕎麦も店内で打っているようなので、次回はぜひお蕎麦を食べてみたいです。月末はお蕎麦の食べ放題なんかもあるみたい。そば清さんが来たりして(笑)。

★サガミさんのサイトはこちら→
http://www.sagami.co.jp/


さて、ここからは自分の記録です。

今日はとても暖かい日で良かったです。厚木市文化会館って駅からかなり歩くので、お天気が良くてたすかりました。


とは言うものの風はけっこう吹いていたので、モンベルのライトダウンコートにロングブーツを履いて、行きはこれにニット帽も被り、手袋もしてました。

中は赤いリブタートルセーター(ユニクロ)に、いつもの裏起毛ジーンズ(Levi's)です。

マフラーはナシで、タートルネックの赤と手袋の赤を合わせてみましたよ。それから、バッグの水色とハンカチの水色、ニット帽の霜降りの水色も合わせてみました。

コメント

人気の投稿