オリーブオイルで作るマフィン(ナッツとチョコレートをトッピングして)


いや~、先日カスタードクリーム入りのワッフルなぞ食べてしまったからか、またまた甘いものが食べたくなってしまいました(・_・;)

ワッフルを食べても体重は増えず、むしろ減少傾向にあるとはいえ、内心「えー?また甘いもの食べたいの?!」と戦々恐々(←大袈裟・笑)

ケーキっぽいもの(要は粉物)を食べると、太るとかよりも、どちらかというと具合が悪くなるとコワイな~という気持ちの方が強かったりして。最近はほとんどないのだけれど、眠気がきたり、激しく疲れたり、ね。あれは本当に嫌です。

で、買いに行くのはやめといて、なんなら自分で作ることにしました。これなら1つ当たりの粉や砂糖の量が、なんとなくでも自分で分かりますもんね。

さて、そこで作ったのはマフィンです。バターを切らしていたので、オリーブオイルを使いました。バターやベーキングパウダーを使わないお菓子のレシピも、検索するとわんさか出てきますね~。


焼き上がりは上々です🎵素朴なマフィンができました(^o^) しかも美味しかった❤大満足~✨

以下、分量と焼成時間の覚え書きです。(混ぜ合わせる順に書きます。)

☆☆☆☆☆
〈ハンドミキサーで〉
卵2個・グラニュー糖50g・オリーブオイル50g
〈ゴムベラで〉
振るった薄力粉100g・バニラオイル数滴
〈オーブン〉
予熱180℃で12~15分
☆☆☆☆☆

オプションで、今回は刻んだナッツとチョコレートをトッピングしました。ナッツはロカボナッツから胡桃・アーモンド・ヘーゼルナッツを。チョコレートはカカオ70%のけっこうビターなものを。

作業ポイントとしては、お砂糖とオリーブオイルは少しずつ加えるというのと、粉を混ぜる時にはサックリ「いい加減」に混ぜ、粉の白いのが多少残ってても気にしないでOK!というのの二点です(笑)。

この、《マフィンは粉の白いのが残ってても気にしないで良い》というのはアメリカにいるときに教わりました(笑)。不思議とちゃんと焼けます。そして、カップケーキとは異なる、素朴な焼き加減になるみたい。

ダマダマでも平気です。初めはかなり勇気がいりますけどね(笑)。(と言いつつ、お試しは自己責任でお願いしますね~。)

あと、焼き時間の幅は、焼き色を見つつ加減した時間です。


オレンジの香りのストレートティーと一緒に、焼きたてのマフィンを食べました。小さいので三つも食べちゃった(≧▽≦)バカダネー

お砂糖もこのくらいだと、ほとんど甘さを感じないくらいの優しさなので、カインズホームのカフェ・ブリッコさんとかを真似して、次回はベーコンとかチーズを入れた、おかずマフィンを焼いてみたくなりますね!

あっという間にできるので、近く、もう一度作ってみたいと思います。

コメント

人気の投稿