マサーラー・チャイ(スパイスミルクティー)


今朝は珍しくチャイをいれました。シナモン・クローブ・カルダモンも加えたマサーラー・チャイです。

いつもの紅茶のティーバッグも倍の二つを使いまして、熱湯の量は減らして、代わりにスパイスとキビ砂糖を入れて小鍋で沸かしたアツアツの牛乳を注ぎました。

コクとエキゾチックな香りの楽しめる、おいしいチャイが出来ましたよ~(^o^) 生姜や胡椒も入れたりすると、なおパンチの効いた味わいになります。

こちらはメキシコ土産のカモミールティー

マサーラー・チャイと言えば、ちょっとした思い出があります。

バルセロナにいた時(2005年)に、ある日もーりーさんとカレー屋さんに行きました。ランブラスから一本、細いわき道に入ったところにある、パキスタン人の方のやっているカレー屋さんでした。

そこでひとしきり、カレーやナンを食べた後のことです。もーりーさんは紅茶が苦手ですから、いつものように珈琲を注文しましたが、私はカレー屋さんだから~と考え、チャイを飲みたいと思ったのです。

で、そのように注文してみましたが、チャイではどうも通じない。そこで、マサラ・ティーと言ってみますと…

Si, Si, Vale, Vale!

出ました!シーシーバレバレ!やった!通じた!店員さんは満面の笑顔(^o^)

ところが、出てきましたのはなんと、カモミールティーでした (≧▽≦) ポルケ?その晩、カモミールのスペイン語を調べたのは言うまでもありません。

というわけで、マサラ・ティーの代わりにカモミールティーを飲んだわたくしでございました(笑)。カモミールティーも好きだから、ま、いっか~と。

チャイってインドでしか通じないのかも?と思ったりもした出来事でした。(未だにその辺りは確認しておりませんけども。)

本日の真ん中の写真は、先月もーりーさんがメキシコから買ってきてくれたカモミールティーでございます。スペイン語ではカモミールのことをマンサニージャ(マンサニーリャ)と言うのです。

この文字を見る度に、あのバルセロナのカレー屋さんのカモミールティーを思い出す私なのでした(笑)。


さて、ここからは自分の記録です。

今日も雨降りで気温が低いです。なので、またまた裏起毛ジーンズ(Levi's)とカシミアのVネックセーター(ユニクロ)を着ております。

こんなお天気なので、なんとなく暖かいチャイが飲みたくなりました🎵

コメント

人気の投稿