【調理実験】赤くなったレタスは炒ると、色が元に戻ります?!:ラムとレタスの炒めもの


レタスはちぎって大きな密閉容器に入れておいても、すーぐ、ちぎった断面から赤くなってしまいますよね。だけど少しくらい赤くなったものは、炒めてしまうと赤い色が消えるって知ってました?

これ、焼きそばを作った時に気づいたんです。で、わが家ではサラダで食べきれずに赤くなってきちゃったレタスは、その後は加熱調理に使っています。

で、本日ご紹介しますのは、薄切りのラムとレタスの炒めもの🎵

ま、レタスを炒めるお相手には、必ずしもラムでなくても構いませんけどね。しゃぶしゃぶ用の豚肉とか牛肉とか、とにかくレタスの見た目に近いくらいの薄切り肉だと、なかなか相性が良いような気がします。

★過去の調理実験(トマトソースは冷凍すると旨くなる)はこちら→https://dolcevita-sana.blogspot.jp/2016/05/blog-post_25.html


で、この日はワタクシひとりご飯でしたので、ラム肉を買っておいたんです✨(もーりーさんはあまりラムは食べない。)

にんにくとハーブ塩とオリーブオイルで炒めて、最後に少しだけステーキソースで味つけしました。美味しかった~❤

ひとりご飯、かつ、その後の家事がな~んにもなけりゃ、私ゃお酒を飲みますよん(笑)。妙ちくりんなラベルのワンコインワインをカインズで買っておいたので、それを開けました(^o^)

一応、チリのカベルネ・ソーヴィニョンなので、お味は普通に美味しくいただけますよん。それにしても、このラベルはなんなのかしらん。カッパかいな?黄桜の親戚か(笑)。

ちなみに、この絵が面白いってだけで買いました(爆)。


こんなアテも途中で出してくるあたり、家呑みらしいテキトー加減が出ているでしょう(笑)。


食事中はワイン二杯。で、呑み足りなくて、パルミジャーノ削って、ロカボナッツも出しちゃった。へへへ。

NHK『美の壺』のウィスキーの回を見ながらの晩酌でした。テイスティングの時に使ってたグラス、これと同じだったわ~(笑)。

これ、実はテイスティンググラスなんです。一応、国際規格のクリスタルの。安いよ。ウィスキーでも使っているのですね。


さて、ここからは自分の記録です。

今日は早起きする必要もなかったのだけど、「とある思惑」があっていつも通り7時には起きてました。

というわけで、夏日との予報ですが朝は寒かったので、Tシャツの上にコットンカシミアのVネックセーター(ユニクロ)を重ねました。ジーンズはLevi'sの721を。


で、お昼近くになった今はセーターを脱いでしまってご覧の通り。昨日のグリーンのTシャツと色違いの黒いTシャツ(ユニクロ)を着ております。

ちなみにLevi'sの721のこのジーンズはウォームジーンズではありませんが、ハイウエストなので、こんな薄着をしていてもお腹は冷えません(笑)。


今朝、休日なのに早起きした理由はこちら。木曜日の夜に注文しておいたショーマッカーさんのパンが届くのではないかな~と

ビンゴー✨

ライ麦100%パンを二種類と、前回試して気に入ったロデヴ(写真のパン)をリピートしました。

さっそくロデヴを朝ごはんにいただきましたよ~(^o^) 届きたてのパンを朝ごはんに食べるなんて、本当に、なんて幸せ❤ベーコンとトマトのオムレツも焼きました。

飲み物はアイスコーヒーを、これまたウィスキーグラスで(笑)。

コメント

人気の投稿