骨付きラムのグリル、フライパン編


先週の金曜日の晩ごはんです。大好きな骨付きラムのグリルを食べました。いつもはオーブンを使うのですが、今回はフライパンで焼いてみました。

正直、焦げ目や焼き色のつき方はオーブンの方がうつしく美味しそうに仕上がるなと思いましたが、焼きすぎに気をつけて早めに火を消しました。

フタをしてしばらく置き、余熱で仕上げましたよ~(^^)


すると、切った時の断面はごらんの通りのバラ色に✨火の通し加減もうまくいって、大成功でした~(≧▽≦)

味つけはエスビーさんのラム用のシーズニングを使い、赤ワインをまぶして焼きました。とって美味しかったです。


こちらは同じ日にもーリーさんが食べた、骨付きの豚ロースで作ったトンテキです。これがまた、分厚くてデカイの!自ら焼いておりましたよ~。

私も横に並んで、このトンテキを焼き具合を見ながらラムを調理しました。大きさがまるで違うので、焼き始めから時間差をつけて、同時に仕上がるように工夫しましたよん。

ひとりで両方の調理だと大変だったかもですが、もーりーさんが自分でやると言ってくれて良かったです(笑)。

赤ワインを飲みながらのお食事でした🎵(サラダは出来合いのもの。)


さて、ここからは自分の記録です。

今日はゆるゆるのものを着たくて、こんな感じです~。紺色チェックの麻のワンピース(グローバルワーク)の下に、コットンのレース付ワイドパンツ(SM2)を履いています。

コメント

人気の投稿