深夜の鶏鍋:鶏肉団子の作り方


11月20日(水)の、もーりーさんの晩ごはんです。鶏鍋。写真の撮影データは、日付の変わった午前0:15頃です。

食べたのはさらにそれから数時間後の、午前3時半頃とのこと。お風呂に入って、それから食事して、そして寝たのは朝の5時だそうな🌅 (仕事の始まりは午後2時~。)

この晩、私はとうとうギブアップいたしまして、零時をまわった辺りで、もーりーさん用にお風呂を沸かして、鶏鍋を作り、午前1時には眠ってしまいました~💤

でも、午前2時半に帰るコールがあったのにはちゃんと出ましたし、もーりーさんが「鍋、全部食っちゃった😁」と寝しなに言っていたのは聞いておりましたよ~✋

全部、食べたとは驚きましたが、美味しかったようなので良かったです。

ちなみに、鍋の素はミツカンさんの鶏白湯を使いまして、骨ナシの鶏モモ肉と、鶏挽き肉を使ったお団子は、数時間前には煮込んでおきました。

で、帰るコールがきてから、お野菜やお豆腐は火にかけるつもりだったのですけれど…。

ちょいと悩みましたね~。

切っておいて、自分で好きなだけ火にかけて煮てもらうのが良いのか?それともあらかじめ煮込んでしまうのが良いのか?

で、結局、温め直せばすぐに食べられるようにと、事前に煮込んでしまいました。


ついでに、自分の分も小さな土鍋に取り分けて、同時に煮込んでしまいました。


が、この晩には食べずに眠ってしまいましたので、翌朝になってから食べました。

写真は翌朝食べた時のものです。

鶏肉以外の鍋の具材は、白菜・長葱・人参・ひらたけ・木綿豆腐・しらたきです。もーりーさん用には、肉厚の椎茸も一枚入れました。


鶏挽き肉のお団子は、鶏挽き肉・小口切りの青葱・すりおろし生姜・片栗粉・ごま油・とろろ・塩をよーく混ぜまして、スプーン二本を使い、煮たった鍋に落としていく…という作り方をしています。

「とろろ」の分量は、大さじ1くらいでOKです👌

コツは、スプーンを一回一回、水に通して濡らすこと。そうするとお団子のタネがスプーンにひっつかず、キレイにお鍋の中へ落とせます✌

フワフワのお団子になって、とっても美味しいですよ~💕


さて、ここからは自分の記録です。

11月20日もピカピカの良いお天気でした☀そしてこの日も遅めに起きましたので、すでに部屋の中は暖かかったです。

でも、外は空気が冷たく、お天気予報では、「夜は今シーズン一番の冷え込み」と言っていました。(晩ごはんの予定を)鍋にして良かった!と思いながら聞いてました🍲(自分は食べなかったけど・笑)

アクリル・ウールのポンポン付アランセーター(Global Work/Junior)に、ブルージーンズ(Levi's)を合わせました。足元は室内履き(Emu)です。


こちらは11月20日の“朝ごはん”です。食べたのは12時過ぎですが(笑)。

今まで出勤前には珈琲だけ飲んでいたもーりーさんが、ソーセージ入りのフワフワパンを買ってきておりまして。

「出かけにこれ食べる。」

と。なので私も一緒に“朝ごはん”を食べました。パンは軽く温めたものを二つずつ。

でも、「そのほかのおかずはいらない」って。なので、サラダと茹で卵も食べたのは私だけ。


そしてこれまた私のみ、“朝ごはん”のデザートに、ヨーグルトを食べました。器の底にハチミツを仕込んであります🐝

パルテノの大きなパックを見つけたので、それを買ってみました。このサイズだと、食べる量を好きに加減できるので、いいですね😊


こちらは14時の珈琲ブレイク。

洗濯物を干し終わり、もーりーさん用のアイスコーヒーを作るついでに、自分もホットで一杯☕


そして、夕方5時には“お昼ごはん”を。上海焼そば・野菜サラダ・雑穀ごはん・納豆です。上海焼そばは、前日(日付的には同日ですが…)の残り物😁

これを食べた後、お風呂に入って、鶏鍋の仕込み(鶏モモ肉と鶏肉団子の煮込み)をしました。

それから就寝までに、この晩も茹で卵を食べました。固茹で卵の腹持ちの良さは本当にスゴイです🐥

それのおかげで、結局、鍋は食べずに寝たのだもの(笑)。

コメント

人気の投稿